Guidance. I am preparing an English version of HP now. Please read with translation software for a while.

ごあいさつ 只今、英語版のHPを準備中。 しばらくの間、翻訳ソフトでお読み下さい。 世界一読みたい小説   「光の道を備えよ!」

信(まこと)は伯母シマの自叙伝により 先代の暗闇を知り
しだいに
「光の道」への家訓を悟っていく。

なぞとき小説
「ポチよ 泣かないで」


検索からの方は回って下さい
WEBコンテンツ > ファンタジー
 長編連載
 投票説明

小  説
「光の道を備えよ!」

U 闘争編 第1部
チカ修練時代

小説

目次

戻る

特別編

あらすじ

長編小説「光の道を備えよ!」   

只今、完成

特別公開

(条件成立)

T暗黒編

U闘争編

W求道編
この物語は ある家系の3代の歴史をもとに想定したフィクション小説

 

「光の道を備えよ!」
U闘争編
 (@
チカ修練時代)
 ほのぼの童子

目   

 
 
はじめに  前回 T暗黒編より

 「光の道を備えよ!」 ・・・ この言葉は ある二つの家系の三代にわたる家訓であった。

 その家訓は
今井家と田口家」の三世代を越えて それぞれの立場で 生涯をかけて戦い抜き また死守すべき大切な課題であった。

 
今井家の次男の信(まこと)は大人になってから 小さい頃に祖母ゼンが生前に言い残した「不思議な言葉」「死への様相」を回想しながら その遺言のように思える不可解な言動の意味を一人尋ね求めていた。

 幼い頃のかすかな記憶を辿りながら回想文を書いていくうちに 次第に
「今井家の謎」の断片がほのかに見えてくるようになった頃だった。

 
信(まこと)は ある日 チカの導きにより 一人暮らしを続ける(田口家の長老の)シマ伯母さんに出会うことになった。そのシマも又 信(まこと)に出会ってから 伝えるべき何かを感じて、過去を回想しながら2冊の自叙伝を書くようになった。

 そして それが書き上がった時 再び不思議な導きにより
信(まこと)シマに出逢うことになった。そのシマが書いた 「田口家の過去」を読み終えた時、 信(まこと)は 自分の通過した「暗闇の青春」田口家の辿って来た「暗黒時代」と奇妙に一致することに気がついた。

 それは
シマの自叙伝をもとに導き出した家訓となる「二つの家系のテーマ」であり この小説のタイトル「光の道への備え」の使命である。


部 − チカ定着時代
 
小説 「光の道を備えよ!」
  
U闘争編
   第1部(チカ修練時代)
第3部 − チカ激闘時代
 
 
    解 説

 一代目の失明した甚七が残した課題 「光の道を備えよ!」という家訓は シマチカという二人の姉妹に託され 引き継がれていった。

 姉の
シマは小さい時からいつも離れた所で田口家を見守りながら支えていく運命に置かれていく。

 
シマの仕送りで資金を作り どうにか佐世保でお菓子屋を再建するまでになったが 田口家の黄金期は長く続かず 商売に失敗して博多の地に移転して来てからは 度重なる不幸や悲惨な運命が待っていた。

 シマは 若気の過ちで一人の子を産み 子供の出来ない夫婦に預けて 第二の人生を選んで行くが 何故か想像を絶するほどの 孤独と苦労を重ねながら流浪して行くようになる。 

 
シマ甚七の過ちを(妹の立場で)共に償わなければならなかった。(シマのさまよいの人生は Bの流浪編で詳しく書いていきたい) 

 一方 妹のチカは 佐世保で「お菓子屋の娘」として のどかな幼児期を過ごしていたが 博多に移って来てからは 父の目が完全に失明し 母は過労で病死してしまう。

 
チカ母親代わりになって 残された幼い妹や弟たちの面倒を見なければならなくなった。 それは チカがやがて博多の地から離れ 糸島の地に定着しながら 「光の道」の基台を立てていく時のための予行訓練でもあった。

 事実
チカ饅頭屋の息子のもとに嫁いでいき 甚七の願った「夢」を完成すべきチャンスを与えられる事になる。

 しかし チカ夫婦には 二人ともその一代目の願いを果たそうとする気持は無かった。

 (その後 三代目の時が来るまで
「光の道」真意封印されることになる) その時から 三代目につなげる立て直しのための 試練と戦いが始まっていくのである。

 糸島の地は
山紫水明の大自然に囲まれた平安と恵みもあったが それ以上に その地に定着するための条件である すさまじい試練と闘いもまた 数多く待ち構えていたのだった。

 
チカは 隣人達からの試練や危機が襲いかかってくる度に 甚七シマが先駆けて苦労や失敗を通して 培ってきた体験談示唆を得ながら 秘めていた激しい気性で勇敢に闘いに挑んでいくようになる。

 
最後の闘いチカをかけても守り抜かねばならなくなっていく。

 チカ田口家の理想を担って 今井家に嫁いで行くことになるが やがてその今井家に課せられた家業を継ぐ者が誰もいなくなる時 両家の願いを一つにする重大な選択の時がやって来る。

 だが万が一 その使命を退ける時には 想像を絶する大艱難が
今井家に襲いかかって来る。

 その最悪の結果になった時に備えて 決して逃げ出さず お人良しの
今井家の人間に代わって 果敢に敵に立ち向かって戦い抜き 家族の危機と崩壊から守り抜く女性が必要になって来る。

 
今井家に負わされた「光の道の基台」を立て直すための 人並みはずれた「知恵と忍耐力と度胸」を兼ね備えた一人の女性をどうしても迎える必要性があった。

 そのために
今井家は 必要で十分な素質を持った 最もふさわしいを迎えなければならなかった。

 そしてその
女性チカが選ばれた。そのために今井家の長男である正喜のほうから「幸せにします。是非に!」と頭を下げて請われ 丁重に迎えられて初めて、嫁いで来れる何等かの条件を立てる必要があった。

 だが 一見物静かに見える
チカの内面に秘めた激しい田口家の気性を 今井家の親族たちも近所の周りの人たちも誰も気付かず 又見抜くことも出来なかった。 
 

解 説 2

 一方 幼少時に軽い脳障害を受けた信(まこと)は 疎外感と自己卑下と絶望の暗い思春期を送っていく。光を求めて思想や哲学 宗教の道を渡り歩いていく。

 暗闇の放浪からやっと抜け出した時
信(まこと)チカの導きにより伯母シマと出会い 「自叙伝」を知る。

 その辿って来た
田口家の路程が 歴史の謎を解く「光の道」への雛型であったことを悟っていく。

 


 
  
  

 光の道を備えよ!
 
(求道編一部より…紹介
  

 編  名

T暗黒編

U闘争編

V流浪編

W求道編

X黎明編

Y解明編

Z希望編

 
U闘争編
@チカ修練時代
 

  
   

第 1 話

チカ
幼少時代

お菓子屋
の娘

お寺の境内

危険な道

陰り行く家

 
 
   

 第 2 話

無くした本職 

通学路

失明の父

母の重荷

母の死

母親代わり


 
 
   
第 3 話

チカの涙

盲目の博識

主婦の顔

二人の兄

恵みと試練


 
 
     
第 4 話

マニラの
思い出

チカと正喜
の出逢い

中断された
結婚

暗闇から
の出発

長い一日





三代家訓探求記

ひな型 家系

 
前回のあらすじ
 

 シマが六歳になった時 菓子職人の父甚七失明して長期入院することになった。

 残された家族はたちまち窮地に陥り 身重もの
母(ハシ)シマ初次の2人の子供を連れて 兄のいる実家にひとまず帰った。

 だが あまりの居候の身の辛さについ耐えきれずに 留守中にそっと抜け出してしまう。

 放浪の途中 行き場を無くして 生きる希望を失った
ハシは絶望のあまり堤の傍で心中しようとするが 必死に生きようとして 泣き叫ぶシマによってかろうじて死を思いとどまった。

 
シマは母の手を取ってしっかり握り 二度と湖に近づけないように強く引っ張って歩いていた。

 表紙のシーン
 


 あれから…長い長い年月が流れて 幼かったシマが齢八十四才を迎えた年 これまで辿ってきた苦難だらけの生涯の中に隠されていた 「人生の真の意味」が見え始めた。

 それは遥か昔から
「田口家」に定められた大切な「家訓」を探し求める「使命」であった。

 孤独と苦労の果てに
田口家の失った「」を取り戻す最後の段階を迎えていた。

その
は妹のチカの嫁ぎ先 「糸島」という犬の地形の方から仄かに射していた。

かつて
甚七シマが失ったを いつの間にか 妹のチカが身代わりになって取り戻す為の不思議な戦いを始めていた。

 嫁いだ家に様々な問題が起こると
チカシマに相談する。

 その度に
が背負った「苦難と試練」を無事に乗り越えさせるために シマ(姉 伯母 父 母)という「四つの立場」チカを陰で支えていく。

 先に通過した
シマの反省から得た教訓を含めて 力添えをして励ましていた。

 だが
「光の基台」を立てていくという不可解な仕組みの真意はまだ見えてはこなかった。



 


(まこと)は伯母シマの書いた「自叙伝」を知る。
歴史の謎を解く「光の道」への雛型路程が見えてくる。

検索からの方は回ってください

 

 

日本臣民の課題

我良しの国 (クマ・ハゲタカ・うさぎ)
短 編
 国々を治めよ
惑わしの民のウソ・サギ師を見抜け

闇から光への3代放浪の旅 家訓「光の道を備えよ!」 封印歴史の謎を解く・・・使命と課題


 

体験

戻る

お知らせ

 

shokyuf      

失った鏡を取り戻す旅 光の道を求める 伯母シマと
(まこと)の回想記 長編小説「光の道を備えよ!」

英霊ポチは「ウス」に変身して 宝を生み出す訓練場に戦後世代を導く 「闇の声」の主を演じていく…

英霊ポチの悲願は「ウスとキネ」となり…戦後の少年達を導いて  閃きの宝を出す神饌への訓練場を用意する天界協助だった