ランキング参加中  m(._.)m
「ひらめきの箱」
 
なぞときブログ


エッセイ・ブログ 日記 エントリー中

検索サイトからの方は回って下さい

バナークリック↑投票お願いします


 生きる道を求めて放浪した 青春時代の課題を、まとめています。 一部、裁きに
近い過激な表現もありますが自身の今の心の中を写す鏡ですので了承下さい。
 

  

 【内容】
 風刺画 小説 謎解き「閃きの宝箱」 日本人 の生きる意味 課題 真理探求企画
 「訓練の意味」を求めて放浪する青春回想記 竜宮の玉手箱 ・・・ 封印された記憶


 【一言】
 4行詩の教訓・格言 随想・激励文集
 苦悩の青春の闇、放浪体験記 回想文集
 彷徨う現代の浦島の再現 予言成就・・・
 開けてびっくり白煙 大転換
・・・「奇跡の箱」
 

下から↓ 

解明編

求道編

 


数々のひらめきは 絵となり エッセイとなり
工房に たくさん増えています。 

 閃き・・・ 22 解明編   「蛇」 と 「チリトリ」 との関係
 

  ポリバケツ麺

 蛇の食べる餌は塵(チリ)。つまり、★星クズ人間どもを食い物にする、狡猾で巨悪な存在を表している。 故に
人でなし人間のクズの心を利用されぬよう警戒せよ!。自ら物事の良し悪し考えよ。

 

 美しい伝統と良識を踏みにじろうと企む者に、巧みに騙され、弱みを利用されて不法を働く者ども。

 日本列島の人々の愛が冷えてしまうまで、全国の人心を荒らし尽くして回り、サギの収奪で稼いだ。

 莫大なる資金も空虚な「投資」に奪われ、本来の「日本の美徳」を破壊する悪の手下に成り下がる。

 不法を働く悪人の言葉に振り回される愚か者は星クズ同然であり恐るべき災いと裁きは必然的。
 

 


 

 閃き・・・ 21 解明編  「カップラーメン」
 

  一部拡大図
ポリバケツ カップ麺
 泣き叫び、悔しがる者たち。
ゴミ夫婦は「ゴミ溜め」の中。

 社会のクズと「ゴミ夫婦」。
生きる価値の無い人間たち。
魚の骨、うんこにたかるハエ。
「審判」のお湯を注ぐと判る。

 
 
「悔い改めよ 時は近づいた」という警告は、改心するチャンスがまだ充分に残ってる段階の言葉。

 いよいよ恐るべき最後通告の審判が下る時がくれば もはや手遅れで永遠の暗闇に落ちていく。

 日本の富の強奪謀略で祖国を詐欺偽装に導く「荒らす憎むべき二本の角」に加担した者達は

 「騙されたお人好し」では済まない。愚か者 クズ 非国人 罪悪人 馬鹿者 腑抜けと呼ばれよう・・・。
 

 


 

 閃き・・・ 20 解明編    うしろの正面は誰?
 

  一部拡大図
詐欺師の鎖を断ち斬れ
 「う・サ・ギ・王国」の性格と特徴。
 あわててサギ山の頂上に駆け登り、
勝利した気になって「朝」を勝ち誇る
愚かなる、人でなしの 「うサギ集団」。
 「不法を働く者ども」になっている事
に最後まで全く気がつかない○呆。

 
 
「警告」を無駄にし 恥ずべき結末を迎える者は、初めから生まれてこない方が むしろ良かった・・・。

 道を誤っても正せぬまま生きてきた者が人の親となり まともな子供を正しく育てられる訳がない。

 「悔い改めよ!」との言葉は 今迄の取り違えた思い・生き方を正し 拠り所・方針等を改めること。

 架空のつくり話 虚偽の文書 嘘の報告 国を乱し 日本を滅ぼす、金集め 不法 詐欺 の集団。
 

 


 

 閃き・・・ 19 解明編     天国への かけくらべ
 

 月の主人 ムーン

月 と うサギ の関係。
臼(ウス)で突き訓練してくれる
「月の光」には限界がある。太陽の光を反射して闇夜の道を照らしてはくれるが常に半分しか照らせない。満月でも裏面は真っ暗な闇である。 移り気、不安定、陰の存在。

 
 
「絶対に行ってはならぬ道」と予感しながらも 足を止められない者は 既に良心が壊れた暴走者。

 「価値がある」と信じた道が卑劣で醜い「害毒の道」、裁きを受け暗闇に置かれる不法集団への道。

 名誉ある神国、日本に生まれながら 外国人以下の鈍い身霊に落ちてしまった曇りガラスの魂・・・。

 「さんざめく名もなき星たちよ せめて鮮やかにその身を終われよ」 という★クズの警告の歌、 「 昴 」
 

 


 

 閃き・・・ 18 解明編   黙って見るだけで悟れる
 

説明などなくても、何となく見れば…
洗脳が解けていく

しかけ盛りだくさんひらめきの集大成悪魔の洗脳を解く為の大切な内容。

 
 聖書中に イエス様は
「世界を放浪するイスラエル民族
「迷える羊達」に喩えて話されている。

 この羊達を 羊飼いの主人に代わって 正しく導いていく
役割を果たす存在の
「牧羊犬」が出てくる。

 実は「牧羊犬」の役割が「日本民族の果たすべき使命」
であることを 比喩で暗示されているのだ。

 「異邦人」に例えられる この「犬の位置」は 実は子供達
が食卓から
こぼしたパンを食べた犬である。
 

 


 

 閃き・・・ 17 解明編   どちらに向かっているの?
 

「裁きの時」

 羊イスラエル 
 
★クズの集団達 
彼らは二つの角に従い惑わされて裁かれる。

日本 (ポチ 牧羊犬)日本の使命が見えてくる。

 
 「彼らをそのままにしておけ。虜になるものは虜になっていく」
この言葉は 虜になる者たちへの、

 避けられない 悲しい宿命を示している言葉である。もはや人間の力の及ばない世界がそこには

 横たわっている。「合法的行為」という言葉は 実は逆さまの「ドンデン返しの最悪の結果」を招く。

 それは「人」ではなく 「悪魔」による「道義を失ったクズ集団を世界に繁殖展開」する内容となる。
 

 


 

 閃き・・・ 16 解明編   悪魔の尻尾が見える
 

  
一部拡大図

 かなり、期待させておいて
見事に平気で約束を破るは
悪魔のお手のもの。 得意技。
余計に 罪深い残酷な仕打ち。

 ニセモノの王国が落ちる。
獣が化けて「主人」を名のる。

 
 ここから先は、更に厳しい
「裁きの様相」を書いていかねばならない。この言葉は 最後の警告

 と捉えて心して聞いて欲しい。全ての者がこの警告を聞いて改心することは不可能ではあるが、

 聞かない者、聞いても理解できない者は この「恐ろしい裁き」を免れない悲しい宿命にある者・・・。

 元々 暗闇で歯噛みする宿命に定められた者は チャンスを自ら手放して近づくこと許されない。
 

 


 

 閃き・・・ 15 解明編     風刺 と 動物 との関係
 

詐欺師の大いなる印

イエスの残した警告の予言。ハゲタカに注意
黙示録の予言の成就の真相。
 復帰の金にまみれた主人。 落ちるのは つまづきの星クズ達。

★ さらば ☆昴よ〜 ♪

 
 間違った仮舞台に立たされた者は、そういう
「警戒の姿勢」が必要な危険地帯であることを心せよ。

 舞台配役の話に例えているが、この比喩したものが何を示しているかは勘の良い人は判ると思う。

 (監督 本舞台 仮舞台 配役 台本 セリフ 性急な師匠 出演者 稽古) 後ほど詳しく説明したい。

 この話の真意を確認すべき人は その比喩の意味と答えを考えるべし  「○○工房」で確認可能。
 

 

 

 閃き・・・ 14 解明編   人の顔をしたマムシ(魔無視)
 

  
一部拡大図 


独善的、排他的、身勝手で

警告を聞かない傲慢な者よ。

自分から言った約束は守れ!。

道義的な義務を果たせ!。

 
 稽古をつけてくれる師匠の演技指導や役者の心がけを学びその役に立つものだけを選り分けよ。

 本舞台に向け 有効に役立てよ 配役ミスの部分では(私のセリフではない)と心の中で入れ替え。

 柔軟に本来のセリフに置き換えられるように密かに意識を切り替える工夫の稽古をする必要あり。

 勘違いが蔓延した仮舞台ならば頭の中で警戒しながら本舞台に生かせるものだけを学び備えよ。
 

 


 

 閃き・・・ 13 解明編   三大昔話 … 最後の一○
 


  一部拡大図
目からウロコ 不法を働き奪う者

花咲か爺 閃かない魂=忌わしき灰

浦島太郎 眠れる魂=奇跡の白煙

桃 太 郎  奪った財宝=激闘奪還

封印された
壁紙 洗脳を解く絵 文

 
 この
「舞台のたとえ話」に隠された意味を探ると、実に恐ろしい「最後の裁き」をが見えてくる。

 紛らわしい名前の人物が二人登場する時の配役はよくよく注意して台本を読まねばならない。

 せっかちで独断的な師匠が 台本をよく読まずに 極端な稽古をつけると酷いことが起きてくる。

 間違いが起こる危険性が潜む民族性なら尚更、用心して己の配役を正確に捉えるべきである。
 

 


 

 閃き・・・ 12 解明編   へし折るべき角は二つ
 

   一部拡大図

憎むべき「二つの角」の正体

どちらも同種 惑わす主体

北も南も…チョンは嘘だらけ。

 
 「監督!私は今この配役でセリフ練習してますが、私の役に間違いが無いかを確認します」

 「貴方の役は門に入る光の子役だ。暗闇に置かれて歯噛みする滅びの群れ役ではない・・・」

 仮舞台に蔓延する「勘違い病」の群れを正した上で間違い無い「配役」をしっかりと確認せよ。

 慌て者師匠の「真の・・・」という断定セリフを、丸覚えで従う者は徒労の上に裁かれて倒れる。
 

 
 

 閃き・・・ 11 解明編   日本は世界の先駆けの雛形
 

「昔話」謎とき
 @花咲か爺さん 
 A浦島太郎 
 
B桃太郎

 日本列島の地形の中に秘められていた使命
近代の日本への予告。

 
 断定的で性急な
師匠がいて、勘違いしたままだと、仮舞台の中で間違いが進む可能性はある。

 師匠に従順に従う多くの関係者も、配役を間違えたままで「セリフ」をそのまま覚えたとすれば、

 本番舞台になって大問題をもたらす。まして真偽の配役が良く似た紛らわしい劇では、混乱や

 間違いを防ぐ為に、本舞台の前に総責任者の監督に、配役に間違いないかを聞く以外にない。
 

 


 

 閃き・・・ 10 解明編   鏡餅の供物は光信仰の証
 

「昔話」謎とき
 @花咲か爺さん 
 A浦島太郎 
 B桃太郎

 鏡餅の供えものに 
秘められていた謎は
近現代日本の予告。

 
 厳しい稽古を重ねて 無事に
本番の舞台の上に立てるように 思慮深く注意して見ていなさい・・・。

 仮舞台で一生懸命セリフの丸暗記しても、本番舞台の直前で「配役が違う」と降ろされるならば、

 折角の苦労と努力が「水の泡」となる その警告を見逃してはならない。思慮深く見張りなさい・・・

 仮舞台のせっかち師匠が 配役を間違えて訓練した「間違ったセリフ」を正しく書き替えよ!。
 

 


 

 閃き・・・ 9 解明編   幼い頃に刻まれた予言書
 


一部拡大図

宝を生み出す仲間たち

 絵 三大
「おとぎ話」

 鏡餅の上のみかん

お供物には意味がある

 

 世界の国々の中で太陽を象徴とする日本の正体は「選民」の証。日本民族は天照大神の民。

 宮殿の実体の傍で共に戦い、生きる光栄の道と思っていた感慨深いセリフ仮の舞台のもの。

 語られた言葉は本当の舞台ではなく、残念ながら仮の配役「稽古用のリハーサル」であった。

 朝稽古の「仮の舞台」で充分な訓練を終えて、次の「本番の舞台」に上がれる者は幸いである。
 

 


 

 閃き・・・ 8 解明編  登場人物たちの運命とは 
 

予言が生み出すものは 宝か・・・ クズか 

「おとぎ話」を警告・予言として見るならば、
ある共通性のあるメッセージが見える。

動物達、小道具等にヒントが凝縮している。
その特徴や性格 形態を調べることが大事。

 
 時が満ち、恐るべき刈り入れが始まる!闇集団の悪の実を付けた稲穂には一切の妥協がない。

 最後まで気づかずに残った彼らに襲いかかる「災い」は一体何であろうか?ギリギリの直前でも

 白紙に戻す勇気ある者は 全てを捨てて改心すれば 失ったものを取り戻して災いから免れるが

 「刻印」のある者には災いが投げ込まれて…国賊者という不名誉な汚名が貼り付けられる。
 

 


 

 閃き・・・ 7 解明編   乙姫の正体は「惑わしの竜」
 


一部拡大図

浦 島 太 郎 編

頭に龍を付ける「海底王」

竜宮の「四季の間」に入ると危険
まるで思考停止状態の頭になる
普通の時間の流れの感覚を失い
浦島太郎のように彷徨い 人生を
台無しにしてしまう
しかけがある

 

 真正なる臣民 日本民族達よ、目覚めよ!暗闇の道を本舞台と信じ演じた配役の歪みを正せ!。

 恐るべき裁きの時がいよいよ間近に近づいた。暗闇に置き去りにされる前に すぐに脱け出よ。

 呪縛と拘束の素となる「歪んだ教えの染みついた物」を処分し ことごとく燃やして灰にすべし。

 もはや時間がない 「闇の主との契約証」である全ての物(有形 無形の物)を焼き捨てなさい!。
 

 


 

 閃き・・・ 6 解明編   鶴に変身して飛ぶ浦島太郎
 

昔話の謎とき
 @花咲か爺さん 
 
A浦島太郎 
 B桃太郎

 三段重ねの玉手箱の中身に謎のヒントが秘められていた。
 近代日本歴史の流れを予告していた白煙・羽・鏡の意味。

 

 これから示す言葉は 闇に置き去りにされようとする者達へ送る 最後の「主の警告メッセージ」。

 惑わしを受け大切なものを失い 歯噛みする盲目の群よ 正しい「光の道」を示す主の声を聞け!。

 正しい「道の真相」の閃きを聞け! 「滅びの群れ」と距離を置き 備えられた次の「新たな道」へと

 進むべき事を悟りなさい(置き去りの滅びの群れでもぎりぎり「光の道」の備えと真相が見える)。
 

 


 

 閃き・・・ 5 解明編   海の竜 と 玉をつかむ昇竜
 

 決 戦 の 年

惑わす海龍=乙姫の化身昇龍との戦い。

 龍達が探す「宝玉」とは何であろうか? 家族を犠牲にしても掴むべき宝がある。呪縛の海の底から天へ昇れ。

 

 特殊な事情の奇跡的脱出記録・・・苦境を脱け出す時の若い頃に通過した脱出日記を紹介した。

 「孤立の道」を条件に 闇から脱け出し 「光の道の雛形の備え」をしていく方向に導かれていく・・・。

 人智を超えた「意外な備え」によって脱け出し 次の道への先駆けの課題を示す必然に気づく。

 今 真相を明かそう 「光の道を備えよ!」この言葉は日本民族の「使命」を示した言葉である。
 

 


 

 閃き・・・ 4 解明編  暗闇から始まる三代放浪物語

 光の道を備えるための
三代にわたる家族の戦い失明した父。先代の暗闇 山と家の水と境界争い最後は巨悪と命をかける壮絶な戦いとなっていく

 長編小説 表紙の一部

 

 この闘いの経過は、未完の2冊の小説「ポ○よ泣○○○○で」「光の○を備えよ!」に掲載予定

 -----------------   現在一部のみ予告公開中    ------------------ 

 その後の展開は未定…(闇を脱け出す条件が成立した時、再び筆を持つことを許される)

 ----------------  現在封印凍結、限定公開中    -----------------------
  

 


 
 閃き・・・ 3 解明編   警告を聞かない傲慢な者

 自己虫=マムシ
      (真無視)

 ある偽○福家庭の実態。毒マムシの親に失望する子供たちの「嘆きと叫び」
 平然と約束を破る
二枚舌 隣人を危険にさらし 無視 知らんぷり 放置 無責任 人命軽視の鬼、人でなし

 

 この「解明編」過激な絵と裁きの言葉が出てくる。毒ヘビの立場に例えているが…ある人間

 の姿である。「マムシの家庭 親子」である。(自分の姿を冷静に考える機会になれば…)と思い、

 掲載する事にしたが 名誉など始めから無い者が「名誉毀損された」と訴えることなど噴飯もの。

 加担者達は道義的義務すら果たさないままの迷惑で許せない罪人にならぬように」祈願する。
 

 


 

 閃き・・・ 2 解明編   異次元の世界を旅する青年   


一部拡大図

 玉手箱を貰って帰ってくる浦島太郎

海の洗脳が解けない状態で戻ってくる

長い年月が過ぎていたことに気がつき

絶望した挙句 封印の箱を開けてしまう

白煙羽根老人からに変身…

その謎を解くことは重要な課題である

 

 私は道案内の「宝玉」の明かりで、闇から脱け出して
「光の道を備える雛形の道」へ歩みだす。

 その一歩は 幼い頃からずっと求めていた 生きる意味
「答」カギとなる「一瞬の閃き」から・・・

 背負った暗闇の謎を解くカギを握る存在。その不思議
「生い立ちと宿命」を背負うの出会い

 暗闇で拾った「仄かに光る玉」を落としながら生きる希望の「光輝く宝」となっていく。 予告
 

 


 
 閃き・・・ 1 解明編   ドラゴンボール=「真理の玉」

  一部拡大図

のつかむ 光の玉

 一刀両断で二つに分かれた玉。
半分に割れた玉は大切な欠片。
あと半分は海から抜け出てから
捜し求めていくしかないようだ・・・
 ここに真理探究の難しさがある。
選り分けて、半分を切り捨てる。
何を捨て、何をくつけるのか・・・?
 日本民族のインスピレーション。
直感の「ひらめき」が必要になる。

 
 暗い海底の竜宮城に紛れ込んでいた「光る宝玉」を掴んだは、海面へと向かって泳ぎ出した。

 の手中にあるは、被っていたが落ちると一層輝きだした。次第にの心の歪みの泥土も流れて

落ちていった。
天衣無縫という武器で、竜宮城を覆う厚い呪縛のバリヤを溶かして通り抜けた。

 いつしか 海面が近づいて
「光の道」次の舞台の前まで・・・光射す世界へ招いていく。
 



 上へ↑

解明編

求道編