Guidance. I am preparing an English version of HP now. Please read with translation software for a while.
ごあいさつ 只今、英語版のHPを準備中。 しばらくの間、翻訳ソフトでお読み下さい。

 
長編小説  「光の道を備えよ!」

U闘争編   第3部 チカ激闘時代

(まこと)はシマの自叙伝から先代の暗闇を知り
「光の家訓」が閃く。

検索からの方は回ってください

WEBコンテンツ > ファンタジー

投票説明     長編連載

小説

戻る

特 別 編

あらすじ

目次

体験講座では、大まかな要点を紹介しています。

小 説 「光の道を備えよ!」

U闘争編

第3部 − チカ激闘時代  

 

日本人の課題を探る 「 解明企画」 
 

只今、完成

特別公開

(条件成立)

T暗黒編

U闘争編

W求道編
 

この物語は ある家系の3代にわたる歴史
を元に想定した「フィクション小説」



只今、完成  特別公開(条件成立の為)

 

 
「光の道を備えよ!」

U闘争編
第3部 チカ激闘時代 )
ほのぼの童子
 

 

 

 


 
参 考  
「 遠路の果てに 」      田口 正神 
「烈風の丘に立ちて」 
    田口 チ カ 
「稲妻が閃き渡る時」
   ほのぼの童子 


第1部 − チカ修練時代 
 
第2部
 − チカ定着時代 
 
U闘争編 第3部 − チカ激闘時代 
 
     前 編   後 編  

      





 
 はじめに

小 説 「光の道を備えよ!」

 U 闘争編 第3部
チカ激闘時代 前編 )

   解 説

 嫁として入って来たチカが、両家の願いを一致させるための条件を失ってから、家の柱となる筈の、大切に育てて来た山の木を奪おうとする狐のような男が現われて来るようになった。

 
チカは必死でそれを取り戻そうと努めたが、どうあがいてももはや無理であった。 チカが失った条件は、山での戦いを長引かせながら、家を建てた後にも大きなしこりとなって残っていく。失った条件を山で立て直しながら「今井家の人間」として定着するための試練がこれまでの戦いであった。
 
 いつの間にか
チカは自ら率先して、一家の最前線に立って戦う意志と根性を持った逞しい母親になっていた。 山での闘争は結果的に見れば、これから襲いかかって来ようとしている、家での激しい戦いの予行訓練の場になった。 チカの山での戦いは、やっと終わりを告げようとしていた。そして今度は、「物置小屋」を建てて、使わなくなった「眠れる道具」を床下から出して家宝として大切に棚に納める時が近づいて来ていた。 いよいよ「穢れ無き清い供え物」の形を完成する、その最後の仕上げをしなければならなかった。
 
 だが、
チカがどんなに頑張っても、山で奪われた柱となる木を取り戻せなかったように、そののち、その家宝の道具を納める小さな「物置き小屋」すら建てる余裕など無くなり、いつまでも床の下に埃をかぶった状態で放置されたまま残されることになっていく。

 
正喜チカも毎月、家の返済に追われながら必死に働いていった。家族たちも窮乏に耐え続けながら、贅沢を敵として頑張ったが、いつまでたっても、小屋を建てることが出来なかった。 いつしか、チカは忙しさに追われて「物置き小屋」のことはすっかり諦めて忘れていった。
こうして、
「饅頭を作る道具」は、埃を被ったまま床下に静かに眠る運命になってしまう。 その時から、床の下の怨念が今井家に不吉な事件を巻き起こして行くようになる。
 
 それは、まず末っ子の
信(まこと)に襲いかかった。あたかも信(まこと)の頭を封印するかのように、未来に大きな艱難を巻き起こす原因となる事故が偶発的に起こって行く。 それ以後、今井家の周りから、水や木や土地を奪おうとする忌まわしい狼のような隣人たちが現われ、艱難と災いがたびたび試練のように発生して来るようになる。
 
 純朴で裏表が無く、人の言葉をそのまま信じて簡単に騙されてしまう、お人良しの
今井家の人間に代わって、嫁として入って来たチカが、この今井家に与えられた土地」を死守しなければならなくなった。
 それは
チカが中心人物となり、襲いかかる狐狼のような隣人たちから、「一本の大切な木」を守り抜く使命があった。
 
 そしてその前にまず、その木を象徴する人間を包み、守ってくれる神殿のような空間を、まず先に築きあげたという条件を立てなければならなかった。 これは
「光の道を備える」ために、どうしても勝利しなければならない「最後の戦い」であった。
 
 だが、祭壇となる小屋に道具を入れる前に、ほんの僅かの油断によって、
3つの黒い存在が侵入する。 この事件により、これまでチカが立てようとした全ての条件が奪われた時、息子の信(まこと)は、まるでこの世に捨てられたかのように、孤独な暗闇の道を歩いていくようになっていった。
 

 やがて、長い長い歳月が流れ、信(まこと)が放浪の果てに光を取り戻して、家に帰って来る時、チカは全ての疑問と悩みと苦しみの意味を知り、「激しい戦いをして来た自分の一生が何であったのか・・?」を悟り、わが人生を振り返るようになっていく。

 


 


 長編小説「光の道を備えよ!」

  U闘争編  第3部 (チカ激闘時代)
 
 



 

   あらすじ
 

 やっとの思いで家を建て直したものの、物置小屋を建てるまでの余裕がなかった。 今まで古い家の二階に置いていた「饅頭を作る道具」を置く場所が何処にも無かった。チカ「もう処分したらどうですか?」と姑に提案するが、ゼンはどうしても捨て切れなかった。 チカは仕方なくその道具を床下にほうり込んでしまう。 そのまま埃を被った状態で、何年も無造作に置かれることになっていく。

 そのような中で子供たちは床下に眠る道具が何を意味するのか知らないまま、すくすくと育っていった。 
チカは、この「眠れる道具」が全く役に立たない邪魔なガラクタにしか見えなかった。(もう二度と使うことはないのに・・・と思って大切にしなかった。 この時から、この道具と同じように信(まこと)の魂も封印される事件が起こることになっていく。

 それから次々と家の周りから試練が襲って来るようになるが、それでもチカはその意味と原因に気が付かなかった。 その時、あたかも無理にでも大事な家宝として道具を納めさせるかのように、最後の大きな艱難が起こる。 チカはこの災いが起こった時、始めて小屋を建てることを思いついた。

 だが、その最後の仕上げの段階で3つの黒い存在に浸入され、チカが立てて来たすべての条件が奪われてしまう。それでも、道具はなんとか納められたが、信(まこと)の頭の封印が解かれる時は、はるか先に延ばされ再び眠り続けることになっていく。 もはや信(まこと)は、眠りから醒める時を失ってしまい、再び黒い霧が頭の中を覆った。その暗闇の中に包まれてしまった信(まこと)を亡き者にしようと、刻々と死神が近づこうとしていた。

 だが死神が襲いかかって来た時、
チカは身を挺して信(まこと)の命を守り抜く。 その瞬間から、チカの使命は信(まこと)に受け継がれていた。そして回り道をしながら、その奪われた条件を再び立て直すために、チカが通った茨のような道を一人で歩いていくようになる。

 やがて永い年月をかけながら、いよいよ最後の時が近づく時、
信(まこと)の眠れる魂が目覚め、そのの闘いの人生の意味と、今井家に託されている、大切な使命を解き明かしていく。
 
 
    
第3部(チカ激闘時代のあらすじ) おわり 
 
 



 
 

 

逃れた青蛇

建て直しの時

彷徨う猫

眠れる魂

奪う隣人

省 略

水盗人

動く境界石

鉄の花嫁

消えた兄貴

稲作める

新聞配達

妨害する犬

記念樹

先駆ける姉

第2の敵 狼

チカの知恵

って来た兄

くろんぼ

われた条件

意地悪爺さん

先生の目

迷 路

封印された心

孤独の叫び

間夜中のギター

反復地獄

英霊の塔

闇夜の祈り

天との誓い

第1段階の道

労働の苦しみ

二人の息子行方

白い犬の霊

あとがき 省略

予告 省略

案内 省略

 


                  

光の道を備えよ!
U闘争編 ( 3部 チカ激闘時代 )

 前編 後編



                                       
検索からの方は回ってください

面白かったら ご投票下さい



時に閃きの言葉が私に臨んだ。
「あなたの親族に謎をかけ、たとえを語って、言え
・・・ 

小説 光の道を備えよ!
 U闘争編 第3部(チカ激闘時代)

2部 定着時代に

 戻る

3部紹介

 

 

 


 


信(まこと)伯母シマの自叙伝を知る。
歴史の謎を解く「光の道」への雛型路程を示していた

検索からの方は回ってください

WEBコンテンツ > ファンタジー

投票説明     長編連載
闇から光への三代放浪の旅     家訓 「光の道を備えよ!」
 封印歴史の謎を解く
・・・使命と課題

ごあんない

 チカの辿った道は、やがて 息子の 信(まこと)が辿る艱難と暗闇からの危機一髪の脱出劇を暗示していく。

 
今井家に嫁いできた チカの身の周りに、次々に起こる忌まわしい災難事故は A闘争編のテーマです。

 闘争編で、語り尽くせぬ不思議な出来事の詳細内容をお読み頂けば
チカの戦っている意味が推理可能です。

  

 

今まで未解決のままだった問題が急に浮上してきた。
封印
していた小説の記述を掘り起こし当時を振り返り
何が起こっているのか、再確認する必要が出てきた。

 
長編小説 を全編公開
するにたって 条件不足の為
近隣
との紛争等の詳細内容制限中 膨大な内容の
全編を早く書き上げてHPで公開したいのに残念です

一日も早く全編掲載できるよう皆様の支援願います。
shokyuf  hikarimichif  

チカの背負った使命・・・次の講座 全編フォームから

 

体験

戻る

挨拶

 

     

失った鏡を取り戻し光の道を求める母シマ(まこと)の回想記
 
長編小説 ・・・ 光の道を備えよ!

英霊ポチは「ウス」に変身して、宝を生み出す訓練場に戦後世代を導く 「闇の声」の主を演じていく…


英霊ポチの悲願は「ウスとキネ」となり…戦後の少年達を導いて  閃きの宝を出す神饌への訓練場を用意する天界協助だった