Guidance. I am preparing an English version of HP now. Please read with translation software for a while.
ごあいさつ 只今、英語版のHPを準備中。 しばらくの間、翻訳ソフトでお読み下さい。

 世界一読みたい小説  「光の道を備えよ!」

(まこと)シマの自叙伝から先代の暗闇を知り
そこから我家の隠された「光の道への家訓」が閃く


闇と光の三代放浪記

明暗分ける家訓探求

封印された歴史の謎

を解く雛形家系
物語
   

 

謎ときの手がかり

小説の紹介

概略紹介

ポチよ 泣かないで

光の道を備えよ!

携帯サイト 謎解き工房

小 説    携帯サイト


割れた鏡の償いの道 ひな型家系
三代家訓探求記

あらすじ 目次 本文の一部をご紹介

光の道を備えよ! @暗黒編

 突然、の甚七が失明し一家に暗闇が訪れる。放浪途中で生きる希望を失ったハシは絶望し湖の傍で死のうとするが 必死に生きようと泣き叫ぶ娘のシマによってかろうじて思いとどまる。  
 
表紙 夕日に再び立ち上がる母と娘


この物語は三代にわたる家系の
記憶を素に想定したフィクション小説

 

参考   「遠路の果てに」前・後編  田口正神 
 
「 田口家と私 」 自叙伝    山下 シマ 

長編小説 光の道を備えよ!
全7編 T暗黒編  ほのぼの童子


目 次 

T暗黒編
シマ自叙伝T
 @放浪時代 A奉公時代 B隠遁時代   1代目

U闘争編
チカ回想録  
 @修練時代 A定着時代 B激闘時代   2代目

V流浪編
幻想・回想録 
 @朝靄 A苦悩 B明哲 芳喜+紀生+信 総 合

W求道編
紀生 回想
 @愚鈍 A修行 B結実
ポチよ泣かないで 3代目

X黎明編
土地・家 課題封印
 @嫁入 A紛争 B突入
先代・チカ×使命相伝

Y解明編
聖書と昔話の真相 
 犬猿雉・ポチ臼灰(昔話の謎解き・聖書考察・論証)

Z希望編
目覚める日本の魂
 (隠された予言の解説・日本の使命と存在意味)
 

只 今

T Uのみ公開中 V〜Zは未公開(封印中) 

 

     

   
はじめに

 「光の道を備えよ!」 この言葉はある家系に託された家訓であった。
 その
家訓とは 「今井家と田口家」の三世代を越えて それぞれの立場で 生涯をかけて闘い抜き 死守すべき大切な課題であった。

 今井家の次男の
信(まこと)は青年になってから 小さい頃に祖母のゼンが生前に言い残した「不思議な言葉」「死への様相」を回想しながら 遺言のように思える不可解な言動の意味を一人尋ね求めていた。

 幼い頃の かすかな記憶を辿りながら回想文を書いていくうちに 次第に仕組まれた
「今井家の謎」の断片がほのかに見えてきた頃だった。

 
信(まこと)は ある日 チカの導きにより 一人暮らしを続ける(田口家の長老の)シマ伯母さんに出会うことになった。そのシマも又 信(まこと)と話しをしてから 伝えるべき何かを感じて過去を回想しながら2冊の自叙伝を書きはじめた。

 ようやくそれが書き上がった時、再び不思議な導きにより
信(まこと)シマに出逢うことになった。そのシマが書いた 「田口家の過去」の歴史を読み終えた時、信(まこと)は 自分の通過した暗闇の青田口家の辿って来た「暗黒時代」と奇妙に一致することに気がついた。

 この小説は
シマ「自叙伝」をもとに導き出した「家の課題」である家訓「光の道を備えよ!」という秘められた使命を見出す物語である。
 



 

       あらすじ

 主人公の少女シマ田口甚七長女として生まれたが 何故か甚七の子供ではなく として籍に入れられた。

 
シマは 祖母夫婦の(中島三臓 カタ)の子として 甚七兄妹の立場で籍に入れられてしまったのだ。これはシマ甚七と共に立てるべきであった「ある使命」と その後の「立て直し」の全生涯を暗示していた。

 菓子職人となった父の
甚七シマが六歳になった時、突然失明し長期入院することになった。残された家族はたちまち窮地に陥り 身重もの母(ハシ)シマたち二人の子供を連れて 実家ののもとにひとまず帰った。

 だが 居候の身の辛さについ耐えきれず とうとうある日の留守中にそっと家を抜け出してしまう。

 途中 生きる希望を失った
母ハシは 絶望のあまり 堤で心中しようとするが 必死に生きようと泣き叫ぶシマによってかろうじて思いとどまった。

 やがて娘
シマ母ハシは伯母のもとに行き ハシは出産するが子供は産まれてすぐ死んだ。まだ治療中だったは心配で帰って来た。

 そして その地をみんなで離れることになった時、
シマはひとり残って 「学校に行かせて貰えるなら・・・」「優しい伯母」に引き取られ いつまでも幸せに暮らしていくかに見えた。

 しかし その伯母は突然病死してしまう。
シマは幼少の頃から 兄弟姉妹たちと離れ たった一人で孤独の「宿命の道」を先駆けて通過していたのだった。

 
シマは 死んだ伯母から受けた「愛情と恩を心の支えにして 五年ぶりに伯母の養子先から戻り チカたちと再会した。シマは血縁的には「姉の立場」だったが 戸籍上では「伯母の立場」 そして経済的 心情的にも「父母の身代わりの立場」となって その後に起こるあらゆる苦難を耐え抜いて 田口家の全員を見守り支えていかなければならなかった。

 光を無くした父の
甚七を支えながら 「荒野」のようなを道を彷徨い 「苦労と孤独の宿命」を背負わされたシマであった。 

 失明した父の代わりに 幼い
たちをかかえ 苦労している母を支えるために 再び家を出て 離れた所で 「子守奉公」「住み込み女工」を何年も勤めてようやく家に帰って来た。だが働き手がいないと生活はたちまち窮地に陥った。

 しばらくすると
シマはまた 家族のために再び家を出て 各地を転々と彷徨いながら「住み込みの女中奉公」を繰り返していたが やがて妹チカ(信(まこと)の)の運命をも決める舞台となる「博多の地」にやって来た。

 シマは 女中奉公している時に その屋敷の青年と道ならぬ関係になり その結果 ひとりの嬰児を産んだ。その子は 田口家に光を灯す筈の 大切な「光について証をする子」だったが 甚七シマは それに気がつかずに見知らぬ夫婦に預けてしまう。

 そして
シマは 父に勧められるままに 過去の過ちを隠して 女としての幸せな人生を選んでいったかに見えた。だが その子供を引き取っていった夫婦から 「子供は 死んでしまった」と知らせが入る

 その後
シマ山下家に嫁いで子供を産むが 何故か天罰が襲うように 夫や子供達は次々と病死していく。未亡人となったシマは その後 自分が過去に犯した「罪」の大きさを次第に思い返して感じていく。

 
(私は 自分の犯した罪を生涯かけて 償いをする道を歩まされているのではないだろうか?) シマは それから 生涯 再婚もせず 未亡人を通す決意をしていった。

 女手ひとつで ふりかかる様々な問題にぶつかりながらも必死に耐え、乗り越えていった。

 それは
シマの使命を引き継いだ チカ「失敗と教訓」とを先駆けて体験して見せ そして 絶対に失敗しないで 完全に実を結ぶ強く 逞しい「鉄の女」としての理想の道を示していたのだった。

 長い年月が流れて ようやくシマが齢八十四才を迎えた年、これまで辿ってきた苦難だらけの生涯の中に 隠されていた「人生の真の意味」が突然見え始めた。

 それは はるか昔から
「田口家」の家系に定められていた「宿命の道」であった。
 そして その孤独と苦労の道から ようやく抜け出した果ては 失くした
田口家「光」を取り戻す 最後の仕上げの段階を迎えていた。

 そのチカの嫁ぎ先の「糸島」という犬の地形の方から仄かに射していた。かつて甚七シマが失ったを いつの間にか チカが身代わりになって取り戻す不思議な闘いを始めていた。

 嫁ぎ先の家に色々な問題が起こる度に
チカシマに相談する。その度に妹が背負った苦難と試練を無事に乗り越えさせるために シマ(姉 伯母 父 母)という「四つの立場」チカに助言を与え陰になり支えていく。

 いつの間にか気がつくと
シマは かつて幼い頃の自分と母を助けてくれた「伯母の立場」に立っていた。

 この親子2代にわたる
「2人の姉妹」が力を合わせて築いて来た「光の基台」は やがて終わりの日に この家に起こってきた不可解な謎が解ける時 ついに有終の美を飾る。

 
枯れ木ひらめきの花(真理の光)を咲かせる「奇蹟の灰」を生み出すための偉大な備えの業を果たしていくようになる。
 
 



 


 


 
       
シマの生い立ち

 昔 山村の貧しい農家に「田口甚七」という青年がいた。 甚七がまだ十七才の時、突然父親が病にかかり死んでしまった。 長男だった甚七は 下の弟や妹たち三人を食べさせるために 伊万里町のとあるお店に奉公に出て働くようになった。

 そして
甚七は そこに女中奉公で働いていた「緒方ハシ」というと知り合うようになった。 ハシも小さい頃に父親を亡くし 六人兄弟姉妹だった。お互いの家庭環境が良く似ていたせいか お互いに心が通い合う様になり 次第に愛し合うようになった。
 その時 二人の間に出来た子が
シマという女の子である。

 この世に誕生したその日から シマの運命は波乱に満ちた人生が始まった。
 
シマが生まれた時 甚七もハシも二人とも まだ二十歳の若さであった。 二十歳で父親となった甚七は まだ若過ぎて手に職もなく 妻子を養うほどの力が無かった。
 
 そこで その時生まれた娘の
シマの出生届けは 甚七ハシという父母の籍ではなく 「祖母夫妻」の籍に入籍することになったのだ。田口シマではなく 中島シマになった。つまりシマ「実の父」甚七に対して「妹」として記録され 本来「父と娘」という親子でありながら 「兄とという兄妹の関係になってしまった。

 そして 本来
シマと やがて生まれて来るチカたちとは姉妹の関係である筈が お互いに「伯母とという不思議な関係になってしまう。

 だが このことはやがて ある
「天の仕組」を果たしていく為に 仕掛けられたものだったことが次第に判るようになる。シマ自身が今まで不思議に思ってきた「隠された謎と意味」が次第に解かれていく。この出生記録は やがてシマが結婚して 山下家に嫁いでも 戸籍上では 田口甚七の子ではなくとして 子々孫々まで残ることになっていく。

 つづく・・・ 光の道を備えよ!
 
(@暗黒編) 予告編(省略・限定)

                                                                                                                                                      

戻 る

信(まこと)伯母のシマの書いた自叙伝を読む。 
この家が辿ってきた路程は
歴史の謎を解く
「光の道」への雛型だった。

闇から光への三代にわたる放浪の果て
に見えてきた 
家訓は 「光の道を備えよ!」 
封印された歴史の謎を解くことが…
託された使命であった。


あんない


この「小説」の場面は 「なぞとき講座」 引用し解説する
「閃き」を生む記憶の引出しとなる先代の回想の記録です。
引用場面に
「謎解き」につながる重要なヒントが有ります。
小説全体を通して、託された使命を推理頂けば閃きます。



 

目次

あらすじ

小説・詩 ランキング

 


失った鏡の償いの道 伯母シマと少年信(まこと)の家訓探究記
長編小説・・・「光の道を備えよ!」

闇から光への三代放浪記の家訓「光の道を備えよ!」封印された歴史の謎を解く使命


面白かったら投票下さい


登録中 投票説明



宝物を奪い
尽くす
鬼達
「金の亡者」

短 編 支那・朝 姉妹
勘当された妹に 母親毒殺を謀る誤解し豹変した性悪な姉妹に裁きの鉄槌がふりかかる…鬼退治の時

家倒壊危機
を見捨てる
「残酷な魂」



卑しい奴

短 編 アポ○ジャム
自分の排泄物を食べて泣くに嫌悪感
箸を投げつけ災いの目を潰そうとした

穢れた魂



shof シマ信(まこと)の「家訓」探求の放浪記 小説  

英霊ポチは「ウス」に変身して 宝をひらめく訓練場に戦後世代を導く 「闇の声」のを演じていた…