小 説
「光の道を備えよ!」
日本人の課題 を
探求する 謎とき小説

闇と光の三代放浪記
明暗分ける家訓探求

封印された歴史の謎
を解く雛形家系
物語

物語の要点を抜粋紹介
完全版は封印中 小説


 割れた鏡の過ちを取戻す償いの道から始まった。 ひな型家系 三代の家訓への探求記。

検索サイトからの方は
トップページへ回って下さい

小説 光の道を備えよ!

全七編 (暗黒 闘争 求道

黎明 解明 予告 ・ 限定版

 物語はある家系の三代の歴史を元に想定したフィクション小説です

クイズ
あらすじと目次を読んで絵全体の意味マを当てて下さい。

目次 あらすじ

はじめに

 「光の道を備えよ!」 ・・・この言葉は ある二つの家系の三代にわたる家訓であった。

 その家訓は
「今井家と田口家」の三世代を越えて それぞれの立場で 生涯をかけて戦い抜き また死守すべき大切な課題であった。

 今井家の次男の
信(まこと)は大人になってから 小さい頃に祖母ゼンが生前に言い残した「不思議な言葉」「死への様相」を回想しながら その遺言のように思える不可解な言動の意味を一人尋ね求めていた。

 幼い頃のかすかな記憶を辿りながら回想文を書いていくうちに 次第に
「今井家の謎」の断片がほのかに見えてくるようになった頃だった。

 
信(まこと)は ある日 母のチカの導きにより 一人暮らしを続ける(田口家の長老の)シマ伯母さんに出会うことになった。

 その
シマも又 信(まこと)に出会ってから 伝えるべき何かを感じて過去を回想しながら2冊の自叙伝を書くようになった。

 そして それが書き上がった時 再び不思議な導きにより まことは
シマに出逢うことになった。

 その
シマが書いた 「田口家の過去」を読み終えた時 まことは 自分の通過した暗闇の青春が 田口家の辿って来た暗黒時代と奇妙に一致することに気がついた。

それは
シマの自叙伝をもとに導き出した家訓となる「二つの家系のテーマ」であり この小説のタイトル「光の道への備え」の使命である。
 

あらすじ

 シマが六歳になった時 菓子職人の父甚七失明して長期入院することになった。

 残された家族はたちまち窮地に陥り 身重もの母(
ハシ)は シマ初次の2人の子供を連れて 兄のいる実家にひとまず帰った。だが あまりの居候の身の辛さについ耐えきれずに 留守中にそっと抜け出してしまう。

 放浪の途中 行き場を無くして 生きる希望を失った
ハシは絶望のあまり堤の傍で心中しようとするが 必死に生きようとして 泣き叫ぶシマによってかろうじて死を思いとどまった。

 
シマは母の手を取ってしっかり握り 二度と湖に近づけないように強く引っ張って歩いていた。  
 
- 表紙のシーン -

 あれから…長い長い年月が流れて 幼かったシマが齢八十四才を迎えた年 これまで辿ってきた苦難だらけの生涯の中に隠されていた 「人生の真の意味」が見え始めた。

 それは遥か昔から 「田口家」に定められた大切な
「家訓」を探し求める「使命」であった。

 孤独と苦労の果てに 田口家の失った「
」を取り戻す最後の段階を迎えていた。そのは妹のチカの嫁ぎ先 「糸島」という犬の地形の方から仄かに射していた。

 かつて
甚七シマが失ったを いつの間にか 妹のチカが身代わりになって取り戻す為の不思議な戦いを始めていた。

 嫁いだ家に様々な問題が起こると
チカシマに相談する。その度にが背負った「苦難と試練」を無事に乗り越えさせるために シマ(姉 伯母 父 母)という「四つの立場」チカを陰で支えていく。

 先に通過した
シマの反省から得た教訓を含めて 力添えをして励ましていた。だが「光の基台」を立てていくという不可解な仕組みの真意はまだ見えてはこなかった。

 一方 幼少時に軽い脳障害を受けた信(まこと)は 疎外感と自己卑下と絶望の暗い思春期を送っていく。光を求めて思想や哲学 宗教の道を渡り歩いていく。

 暗闇の放浪からやっと抜け出した時
信(まこと)チカの導きにより伯母シマと出会い 自叙伝を知る。その辿って来た田口家の路程が 歴史の謎を解く「光の道」への雛型であったことを悟っていく。

 光の道を備えよ!(求道編一部より・・・紹介 



WEBコンテンツ>ファンタジー
長編 連載 投票説明


面白かったら 投票を!

体験講座では予告編として文や節を省略・限定しています。完全版は封印中 今は危険です


目   

編  名

T暗黒編

U闘争編

V流浪編

W求道編

X黎明編

Y解明編

Z希望編

未定

資  料

田口家と私
孤独なシマ

烈風に向かいて
近隣と闘うチカ

遠路過ぎれば
シマ 紀生(離郷)

ポチよ泣かないで
(枝葉)と弟(根)

土地・家 光の道
家訓の課題の封印

聖書と昔話の真相

大和魂が目覚める

T Uのみ限定公開中

内    容

失明の甚七
苦労のハシ
一代目 シマ自叙伝

正喜・チカ
紛失・取戻す戦い
二代目口述伝

シマ自伝U
紀生・信(まこと)
死霊の暗闇と
絶望の 放浪旅

英霊の囁く丘
失踪・求道 盛衰興亡の宿命 回想録

先代・チカ・信(まこと)
三代×使命相伝
(回想・家訓
光の道

田口正神
昔話の謎解き・日本文化の考察・論証)

田口正神
(空想・仮説・聖書歴史観の推考)

V〜Zは未公開
Xを只今執筆…封印中 
危険 編集中
 

 
謎解きのカギとなる2冊の小説に秘められた少し昔の物語の紹介から始まります。

 
まこと少年の幼少期の体験を描いた 小説@ポチよ 泣かないで
 
 その
伯母シマが書き残した自叙伝 「田口家と私」 ( 著 山下シマ  から導きだしたテーマ
 
 
を求めて彷徨う家系の共通の「家訓」となっていく小説A光の道を備えよ!
 
 少年少女期の心と同化しながら 歴史的封印を解いていく
「放浪の旅」へと誘います。
験講座
 自閉症と孤独の暗闇を彷徨いながら 生きる意味 英霊の課題 家訓と遺言 使命など・・・
 
 次々起こる課題 少年と共に隠れた
「封印のナゾ」を解いていく妄想のファンタジー物語です。
 
 果たして人生観を変える内容となるか? 「心の宝」を求めている方に見つかる答えがあります。
 信(まこと)伯母のシマの自叙伝を読み 自分と先代の暗闇が奇妙に一致する事を感じた。
その時・・・
「光の道を備えよ!」という、我家の課題となる「家訓」が降りてきて閃き出した。

あんない

 この小説は なぞとき講座引用し解説する ひらめきを生む記憶の回想物語です。

 引用場面に謎解きのヒントが隠れています。 小説の全編をお読み頂けば幸いです。
 闇から光への三代放浪記 家訓「光の道を備えよ!」 封印された歴史の謎を解く小説。

PC サイト

答は 本講座  

HOME

お知らせ

 

全編は

フォームから

申 込

hikarimichiform.html


面白かったら投票下さい


登録中 投票 説明
「家訓」放浪探求記小説

     

小説・詩 ランキング

小説 予告 戻る
 英霊のポチは「ウス」に変身して 「ひらめきの訓練場」へと戦後世代を導く「暗闇の声の主」を演じる。