ランキング参加中!m(._.)m
「ひらめき箱」
なぞとき日記

エッセイ・ブログ
日記 エントリー中


検索からの方は  
   回って下さい


クリック ↑投票  
  お願いします。


 生きる道を求めて放浪し続けた青春時代を思い出しながら少しづつ書いています。
 常識を超越した妄想めいた真理探究や精神世界に興味がある人は見て下さいね。

 

  
 
 【内容】  風刺 絵 小説 色々楽しい「閃きの箱」   日本人の生きる意味 課題 真理探求企画
 若き日々の不思議な記憶の中に隠された意味を解く 封印された記憶…閃き日記

 【一言】  4行詩の教訓・格言 随想・激励文集
 苦悩の青春時代の放浪体験記 回想文集
 「ひらめきの箱」 → 悩める彷徨い人の玉手箱現・開けてびっくり奇跡の白煙
   

 
  下へ↓

求道編

解明編
 
 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 66

 
 
は若い頃、大屋敷に奉公した経験があって、接待で「大本教」
の教祖と信者の陰の実態を

 目にする機会があった。神の言葉を掲げて、多くの女性信者に
奉仕させて食い物にする一面

 が許せなかった。息子の入った教団も、実は同じ臭いを感じて
強い反対の気持を持っていた。

 (もうそろそろ何とかしなきゃ・・・)と思っていた処に帰ってきた
息子の
脱会相談に快く賛同した。

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 67

 
 (本来なら、自分が教団に乗り込んででも
息子を連れ戻さないと
いけなくなるかも知れない・・・)

 と覚悟していたのだった。(せっかく左翼思想の洗脳が解けても
今度は宗教の洗脳から脱ける

 ことの方がより難しくなるかも知れない・・・左翼から右翼へと思想
の放浪を続けている息子を、

 そろそろまっとうな普通の社会に取り戻さなければならない・・・)
と感じていたそんな時だった。

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 68

 
 放浪息子の突然の帰郷だった・・・しかも一緒に
女性を連れての
脱会の里帰りとは唐突過ぎた。

 (何かに行き詰って決死の覚悟で帰ってきたようだ・・・まあ何にせよ
・・・卒業できて良かった・・・)

 私は脱会決意後、これからどうしたものか部屋を借りるお金も無い
状態
を素直に打ち明けた。

 二人はまず突然行方不明になり、しばらく教団の追跡から身を隠す
必要がある
ことを告げた。
 

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 69

 
 
(連れ出してくれてありがとう…)母は脱会に導いてくれた彼女
に密かに手を合わせ感謝した。

 脱会後しばらく教団から身を隠すための部屋を借りる敷金を
明日までに借りたい
旨を伝えた。

 に甘えて、ありのまま話している自分がいた。私はが受け入れ
てくれる
と直感していた。

 は息子の「思想の放浪は宿命」と放ってきたが(今、脱け出す
手助けができる…)
と思った。
 

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 70

 
 その頃、組織では研修会に向けて出発しようとしていた。
国民宿舎で3日間、新方針を聞く。

 重要な研修会で皆、準備して乗り込んだが、ワゴン車には二人分
だけが空席のままだった。

 準備もせずに消えた二人を探しても見つからず、いくら待っても
来ないので仕方なく出発した。

 途中「うわさ話」が出て(あの二人は怪しい・・・男女問題を起こした
かも)
と冗談を言い合った。

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 71

 
 同じ組織にいた者達の
「明日への旅立ち」は、明暗を分ける
正反対の方向に進みだしていた。

 教団のメンバー達の向かう「滅びの道」は、一見すると楽しい
集団の旅行の雰囲気であった。

 一方、脱会決意して向かう二人の進もうとする「見知らぬ道」
は不安と戸惑いの中にあった。

 教義に背く負債感を振り払いつつ、逃避への選択がいつか
(正しかった)・・・となるように祈った。
 

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 72

 
 夕焼け雲の下、故郷の台所で、二人は
の支度した夕飯を
食べ終え、早めに就寝についた。

 この日私達はかつて祖母ゼンの使っていた、なつかしい
二階の部屋に泊まることになった。

 さんざん歩き疲れていたのか、布団を並べて敷き早めに床に
つくとすぐに泥のように眠った。

 深夜、仕事から遅く帰ってきたは夕食をとりながら、が脱会
決意した話を
から聞いた。
 

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 73

 
 食事を終えて
は階段を上がってきた。は自分の部屋に
入ろうとフスマの前まで来た時

 二つの布団のこちら側に寝ている、見知らぬ不思議な雰囲気
の女性の寝顔に気がついた。

 気配を感じた彼女が微かに目を開けた。「…!」兄は慌てて
自分の部屋に入り襖を閉めた。

 彼女は初めての他人の家に泊まることになって、興奮と緊張感
の中で実は寝つけなかった。
 

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 74

 
 翌朝、
は早起きして部屋から出る時、目が覚めた彼女を横目
でチラリと見て降りて行った。

 昼前、母が郵便預金を下ろしてくれた。(母さん・・・本当にありが
とう!後で必ず返すからね・・・)

 にお金を借り、に保証人の捺印を貰い、古い2階建木造
アパートの小さい部屋を借りた。

 夜になって皆に気づかれないよう彼女のまとめた荷物を少しずつ
何回にも分けて車で運んだ。
 

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 75

 
 荷物はいつでもすぐ運べるように、皆が気がつかない倉庫入口
に予め密かに移動していた。

 この日、メンバー達は国民宿舎へ研修会に出発してから、まだ
帰ってなくて誰もいなかった。

 重要方針を聞く為に全員ワゴン車に乗り込んで出発したのか
幸い乗用車が1台残っていた。

 事務所に入り、キーを持ち出し、トランクと後座席に荷物を積め
るだけ積み込んで運び出した。
 

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 76

 
 運ぶ途中、ふと
伝道師のガッカリする顔が浮かんだ。(すみません。
折角、僕が教団に戻った

 時は喜んでくれていたのにまた離れます。○さん、期待に添えない
霊の子を許して下さい・・・)

 だが離れる負債を超えさせる優先順位があった。天に背いて離れる
・・・という感覚ではなくて

 むしろ主が備えてくれた「宿命の出会い」に感謝し「脱出の指令」
を心良く受け入れていた。
 

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 77

 
 信者から見れば「男女問題」を犯しての脱会は「堕落」と映るが…
真相は
「栄光への脱出・・・」

 (教義より優先すべき大切なもの・・・今は道案内の使者と共に行く
「次の道」を最優先しよう)

 部屋に戻り最後の荷物を彼女に渡した。次の道に進む為に必要な
「脱出準備」が全て整った。

 「これで全部運び終えた・・・さあ、車を返しに最後のお別れに行こう」
二人は車に乗りこんだ。
 

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 78

 
 教団の横の駐車場前まで来るとバスが戻っていた。
「あ、みんな
研修から帰ってきている・・・」

 一旦そのまま通り過ぎて、裏通りの公園に来ると、考えて彼女だけ
を先に降ろすことにした。

 「二人はそれぞれ別々の用事で参加しなかったことにしよう・・・僕は
時間をずらして戻るよ・・・」

 彼女は何気ないふりして先に戻った。家の用事を済ませたことに
して私も3時間後に戻った。
 

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 79

 
 「あれ?今までどこに行ってたの?みんな心配してたよ」
「ご免…ちょっと急用ができて…」

 重要な研修に参加しなかった二人のことを残念がり、疑う
ような不信な眼差しで責め立てた。

 それぞれ急用で参加できなかった言い訳をした。二人共
とぼけて偶然に重なったことにした。

 まるで針のムシロ状態、皆の視線が突き刺すように白い目
でいたたまれない思いになった。
 

 


 
 なぞとき日記 (脱会せよ)・・・天の声 80

 
 二人は何も無かったように平然を装い別れを噛み締めた。
(みんな、元気で・・・さようなら・・・)

 皆は研修を受けた余韻で熱く興奮していた。 その夜、二人
は遂に脱出を決行した。闇夜の

 逃避行のスリルを感じながら、まだ見ぬ未来の「希望」に向か
って雑踏の中に消えていった。
 

 --- ほのぼの童子の 「脱会日記 1」
                    特別公開 おわり ---
 

 

 
 上から↑ 

求道編

解明編