世界一読みたい小説  「ポチよ 泣かないで」 「光の道を備えよ!」
僕の 飼っている ワンくんが しっぽを ふらない日って どんな日でしょう     答えは下

日本人の課題 と
生きる意味を探る

体験講座 謎解き小説
2つの物語を紹介中

小説・詩 ランキング

予告


 この講座では「謎解きの出発点」となる「暗闇を背負う少年」と「伯母の回想記」の2冊を紹介します。 (まこと)少年の不可解な幼少期の回想小説@ 伯母のシマの幼い頃の田口家の記憶の親族歴史 小説Aとの2つ

 この二つの物語から導き出される 隠された
「課題とテーマ」を描けるのか?を試みています。 幼い夢想家だった少年と、遠い昔の少女の抱いた不可解な心と同化しながら歴史的封印を解いていく 「閃きと求道の回想物語」です

 

小説@ポチよ 泣かないで

小説A光の道を備えよ!


 表 紙  少年編 青春編 完 出 資 


 少年 信(まこと)の心を包む暗闇は、かつて英霊のポチ達が通った「宿命の道」であった。

 
 表 紙   黒編 闘争編 求道  投 票 

 「光の道を備える」為のひな型の仕組みは、暗闇を通過した第一代目の失明家庭から始まる。

 少年は苦悩の果てに忠霊塔の闇に、「非情の道」を歩むことを誓ってしまう・・・。
 
英霊と共に日本の取り戻すべき「」を探す「謎解きの放浪の旅」が始まっていく。

 表 紙    目 次 あらすじ 本 文

 携帯サイト  

 
割ってしまった鏡を償う道を彷徨いながら、シマは遂に鏡(神器)の真意を取り戻す。
 日本のひな型を背負う家系として選ばれた田口家三代家訓探求記 
光の道を備えよ!

 表 紙  目 次  あらすじ   本 文

 携帯サイト  

  表 紙 目 次 あらすじ 本 文

 表 紙  目 次  あらすじ   本 文

 
 失語症 適応障害 自閉症 うつ病 英霊の憑依・・・少年が背負った「苦悩と暗闇」の正体は一体、何であろうか・・・?
 心の闇の謎解き、生きる意味を求め彷徨う放浪旅。暗闇にかすかに閃く謎の妄想
「光の道の備え」を尋ねる回想記。

 
 失明して暗闇を彷徨う一親族の路程が 果たして日本の失った光を取り戻す内容となるのか?どうか・・・。 
 この小説の試みは「真理に至る道」を模索するものです。 失った
「光の道」を取り戻す 伯母シマと甥の信(まこと)の家訓探求記。

@「ポチよ泣かないで」
全編希望
 記入 フォーム

A「光の道を備えよ!」
全編希望の方
 記入 フォーム

pochinakaf     pochibookf

hikarimichif     hikaribookf

 この物語は ある宿命の家に起こる三代にわたる「光への放浪旅」を想定したフィクション小説です。 物語のささやかなエピソード内容は、やがて「なぞとき講座」で引用解説をしていくヒントになっていきます。

 
閃きを生む要素を秘めた「記憶の宝庫」の引用場面に「謎解き」の重要なヒントが隠れています。 講座の全体を通してお読み頂ければ幸いです。

 
 光と闇の中に隠れている
     見えない謎ときの手がかり

 今、この瞬間に 何か「閃き」の様な光を感じた方は
今こそ「閃きの花」を咲かす
奇蹟の灰の可能性・・・が
あり、「貴方の心は、
宝か・・・?。それともほしクズか・・・?。」の明暗を分ける岐路に立っています。


    全編は記入例から    pochinakaf    
「ポチよ泣かないで」…表紙解説 英霊は少年を闇の中に包み やがて閃きの訓練の道(ウス)へ導いていく

体験

戻る

お知らせ

 



信(まこと)伯母のシマの自叙伝を知り
先代と自分の暗闇が奇妙に一致することに気づく。

巨大な英霊を背負う 少年の回想
 
閃き小説 に 出資

割れた鏡を取り戻す為の 「家訓」
を探求する放浪
に 投票
闇から光への三代放浪記 家訓「光の道を備えよ!」
 封印歴史の謎を解く 真理探求の物語。
 

お急ぎの方は 携帯メールへ → marnon-desu@i.softbank.jp
ヒカリ(一十@ 人神理)のふで裏まで よく読んで見なされ この◎(カミ)の神示 一回読んだだけでは中々見当とれんぞ 立体とはならんぞ 三回 五回 七回と 繰り返しよく読めよ そこに一厘が隠してある。ここが どでかい寿司屋の仕組み。スシヤ(◎四八) 一二三(ひふみ)に早うマコト一厘入れて下されすし屋の仕組 = しゃり(主食) + ねた(おかず) の調和この謎に満ちた神示の言葉に隠してある意味は ○にゝが入る時の仕組みの様子を示すヒントか? 身霊を磨いていれば判るというが…人 + 言霊  =  イ + 言   信 (しん まこと)…ヒカリ(一十@ 人神理)のふで裏を 信 という文字に封印されたのか色んな意味が何通りにもに含まれている仕組みの意味が次第に見えてきます。