損害謀略立証のHPが不正アクセスで削除・改ざん等ネット妨害
受け 講座が機能停止 に至った事態を深くお詫び申し上げます


六角形の タイルで できた 屋根を よっこらしょっと かついで 歩く。これ なーに。 かめ

良いと感じたら 投票 説明

市民サイト>
学問・研究

体験

戻る

国 旗

この国の形

地 形

か た ち

か  た  ち  



 
 

この国かたち」・・・という

司馬遼太郎氏の本がありますが

この「なぞとき講座」での
「かたち」の研究テーマ
も同じ概念です。

「なぜ この国のたち
 
いつも こうなのだろうか?」

と憂いつつ亡くなった司馬さん

の嘆きと同じ意味あいです。

冷静に考えれば、

到底、勝てる筈の無いほどの

圧倒的な軍事力の差があるのに

「日本は蒙古の襲来にも屈しなかった歴史を持つ国である。」と言い張り

何の保証もない勝利を確信する

妄想軍人たちがはびこった。

(今にきっと 必ず神風が吹く筈だ・・・)

と 過去の栄光の歴史にすがり、

「必ず勝つ!」
と信じ込んで 多くの

国民を地獄の渦に
巻き込んでいった。

やがて戦況が厳しくなっても
本土決戦直前まで、
誰も
引き際が言い出せない

多大な国民を犬死させても
全く責任を取ろうとしない
とんでもない 無責任な

非情な体質がこの国にはある。

この国の
悪しき
かたち(体質)

到底、理解しがたく
世界中から不思議がられる
否定的部分である。

だが この忌まわしい体質に

あえてスポットを当てて

日本民族の正体と使命を解き

明かせるかどうか試みてみよう。

(軍閥)という 偽(にせの主人)
に惑わされて
太平洋戦争に参戦し

近代歴史の闇と屈辱という
地獄の門をくぐり抜けてきた
日本人。

アジアに多大な迷惑を
かけたことを深く反省し
謝罪をする人がいれば

「アジアの防波堤
として彼らは必要な
犠牲だった」
と 正当化する人がいる。

先の大戦の

教訓が何だったのか?

国家としての歴史の見解が
未だに

ハッキリと提示されていない。

この国のかたちを作る要素は

歪んだ言霊の働きなのか?。

軍閥という(偽りの主人)
の言葉で

当時の日本民族の心を惑わし 戦争へ向かい、
冷静な判断を奪い
死に急ぐ

多くの妄想的集団心理を
作り出した。

多くの兵士達を犬死にさせて
むごたらしい屍の群れを
出した虚しい道。

「お国のために死んで来い!」

と平然とうそぶき
最愛の息子を

戦場に送り出した
母親たち。

当時の若者達は
戦って死ぬこと以外の道

を選ぶことすら許されない
国のために

死んでいく悲しき暗黒時代
であった。

だが この時代は
彼ら先人達に

殉死の道を行かせ
歪んだ暗闇の

歴史を先に体験させた

犠牲の上で

次の世代に平和を尊ぶ
日本の新しい夜明けの時代
をいち早く

切り開かせることが
出来たとも言える。

これは
誰にも避けられない

天の仕組みだった
のだろうか・・・?

敗戦後
アメリカによって

民主化された日本
まるで

とりついていた怨霊
が落ちたかのように

アメリカの属国となり、
明るい夜明けの

平和と自由を
味わうようになった。

生活水準も体格も
はるかに上まわる

陽気なアメリカ人に敬服し

憧れを抱き
追いつき追い越せ!

とばかり、戦後復興を
遂げていった。

工業技術の水準を高め、
急速に国力をつけて
立ち直っていった。

貧困を克服して
経済大国として蘇った
かに見えた
日本。

しかし ゼネコン、談合、

 土地転がし、株、財テク、 

高度成長時代の黄金期
を迎えたかと思ったとたん
束の間のバブルの

繁栄が
アッという間に崩壊すると

あれだけの
日本の巨万の富が消え

今日の大不況に至った。

日本民族
いつの間にか再び

過去の轍を踏み
かつて歩んだ虚しい

偽り滅びの道
繰り返していた。

無価値のクズだらけの
空洞の中を

みんなで目指して
突っ走っていた。

素直さや真面目さは
軽んじられ 今や

節度を無くした暴徒と
節穴と腑抜けばかり

新製品の
色んなモノが町に溢れ

流行ものに飛びつく
「物欲」

という平和な熱病にかかる。

時代の流れに
ただ身を任せる 中身の

無いクラゲ人間
増えてしまった。

何時の間にか

歪んだ言霊信仰
が動きだしていた。

結局、 先人達の死の
犠牲も教訓も充分に
生かされることも無く

同じことを再び
繰り返していた・・・。

これは避けられぬ
歴史的必然性であろうか

目に見えない
天の仕組み
ガッチリと

日本の国を抱き込む
ように包んでいる。

 つづく 

クイズ

日本の歪んだ体質(カタチ)
必然的に現象で出る
典型的な例を考えて下さい。

つづきは 本講座で

参考資料 歴史館より


元 寇

チンギスハーン

元寇  武士

韓国併合

出 征

靖 国

特攻隊

原爆投下

空襲後の風景

敗戦時の風景

敗戦後の風景

反戦平和主義

機動隊とデモ

成金社長
 質が落ちたサービス
 最近はどうもモラルの欠落した企業が増えているように思える。

 嵐になると、電波が届かなくなり、ほとんど見れなくなるBS放送の受信料を平然と徴収する
NHK放送局

 勝手にサービスを終了して迷惑をかけても平然としているプロバイダサービス。
NTT・@ニフティ

 国民のライフラインを扱っている自覚が無く、電気代が少しでも遅れたら、理由を聞かずにいきなり送電を切る電気事業の会社。
九電
 
 目先の金儲けばかり求めて、肝心の中身が、欠陥が発生していても、構わず徴収していこうとする。
 例を上げれば、まず公正中立に訴訟をする気が無く、一方的に不利な訴訟を進めていこうとする、失格裁判所

 建物の損壊状況を調書に載せない、とんでもない空検証、偽証検証をする
警察署

 一度も被害者の家に来ないまま、一方的に捏造した訴状を提出して、訴訟に持ち込む
弁護士
 
 家に車が突入して、多大な損害が出ているのが判っていても、知らないフリをして、事故の現場写真を渡さず、損害立証をしろと無利難題を言い、賠償金を支払わない
損保

 被害者の家に車を突入させて、家が傾いてきているのに平然と知らぬフリして、損壊箇所を見ないで、調査から倒壊危険に関わる亀裂を隠蔽し、わざとはずして見積もりに入れない
建設会社や調査会社。

 被害者に損害を与えて支払いも修理もしないうちから、
損保と結託して、「債務不存在確認事件」という訳の判らない訴状を裁判所に受理させ、原告の名前を弁護士に任せて困らせる悪質な加害者。
 世の中の仕組み、平和を乱す原爆のような破壊的な存在である。

 色んな会社が、今、世の中の調和を乱すモラル無き存在になってしまっているのは、この日本が昔から持っている、本来の美しいかたちをすっかり見失ってしまっている結果である。
 在日を含め、今、平和を乱す鬼ヶ島の退治をしなければならない時代に入った。
 世界を乱す鬼、獣とは、巨大な熊と牛のかたち。 アジアのハゲタカ。ウソとサギばかりのうサギのかたちの国。

日本の鬼は 東北鬼門の方向にある、角をへし折られて嘆く鬼のかたちがある。

国 旗

この国の形

地 形

か た ち

HOME

shokyuf

お知らせ

秘密の形は本講座で解明申込

 shkf    shokyuf

体験

戻る

 


巨大銅鏡に暗示された「のきまり」 光の道を探る講座 ◎予告… なぞとき工房
     

かめ