損害謀略立証のHPが不正アクセスで削除・改ざん等ネット妨害
 を受け 講座が機能停止 に至った事態を深くお詫び申し上げます。

龍宮城の主人に惑わされ 親不孝者の放蕩息子となり人生を棒に振ってしまう者達への「警告書」



クイズ

表紙のナゾ

絵全体



 
 
 

浦島太郎 込められた予言

(隠された予言)
既存の価値観を超えたメッセージ

衝撃の解説
 今、古い昔話の絵本を探しています。

40年前の古いタッチの昔話の絵本をご存知の方お知らせ下さい。

 当時の子供時代に読んだ絵本のイラストと文章から忠実に再現しながら解説したいと思います。

眠り続ける日本民族を覚醒
させる究極のメッセージ

 「おとぎ話」は本当に予言書なのか…?」幼い頃から聞かされていたストーリの中には、日本民族が直面する苦難と、それを乗り越える時の為の励みと、希望につながるカギが隠されていた。

 二千数百年の悠久な時代を越えて、誰も解くことを許されなかった「封印された奥義」が今ついに時が許されてここに解かれる。

浦 島 太 郎 



 浦島太郎の歌


ポプラ社より

@

 むかし むかし 浦島 
 
助けたカメに連れられて
 
龍宮城へ来てみれば
 
絵 にもかけない美しさー

A

 乙姫様のご馳走に 
 
ひらめの舞い踊り
 
ただ珍しく おもしろく 
 
月日のたつのも夢の中 

B

 遊びに飽きて気がついて
 
お暇乞いもそこそこに
 
帰る途中の楽しみ 
 
土産にもらった玉手箱 

C

 帰って見ればこはいかに 元居た家もー村も無く
 
路に行き合う人々は 
 
顔も知らない者ばかり 

D

 心細さふたとれば 
 あけて
悔しき玉手箱
 
中からパッと白けむり 
 
たちまち太郎はお爺さん

イラスト ポプラ社

絵本


 私がまだ幼かった頃、この浦島太郎の歌がテレビから聞こえていた時、突然、父が何を思い出したのか、「おい、お前だけは浦島太郎になるなよ…」とつぶやいたことがあった。

 
(う〜ん?…どういう意味なんやろか…?)と考えていたら、父は行方不明になってからずうーっと帰ってこない九歳上の兄のことを話していたのだった。

 (回想)兄は長年勤めてきた有名な大会社を勝手に辞めてしまい、家族に言いそびれたまま毎朝会社に行くふりを続けていた。

 だがある日、辞職したことがわかってしまい兄は、父にひどく叱られた後、東京の方に就職を決めて、家を出ていってしまった。

 しばらくは年賀状が来たりもしたが、それっきりぷっつりと連絡が途絶えて、消息不明のまま何年も過ぎてしまっていた。

 「あいつはもう死んでしまったかも知れんぞ…」と父はあきらめたように話した。「ほんなごつ、こげん家族のみんなに心配ばかけて、これほどの親不孝もんはおらんぞ!」と祖母のゼンが言った。

 当時、高度成長時代で、各地で蒸発がはやっていた時代であった。私は幼いながら
(決して浦島太郎だけにはならないように、気をつけないといけないんだな…)と漠然と思っていた …抜粋

 その時から、「おとぎ話」が、何か重大なメッセージを含んでいる、不思議な物語であることを感じるようになり、その奥義を解いていくきっかけが始まった様な気がする。

 父の、昔話のとらえかたは、一般的にも、ごく自然に使うのではないかと思うが、だいたいにおいて、あまり、いい意味では使われてはいないようだ。

 浦島太郎のことを、「放蕩息子のなれの果て、自業自得の結果だ」と言う人が居るかも知れない。

 だが、それだけではなく、この裏には、もっと何か大きな秘密が隠されてるように思えてならない。

 単なる放蕩三昧の、ぐうたら息子ではなく、真面目で優しい心を持つ、浦島太郎が主人公でもあり、何かどうしても、
避けたくても避けて通れない、義理と人情の世界に、やむなく巻き込まれていったようにも思える。
 
 この昔話は、将来、若者達が何かのきっかけで、別の世界に魅了され、熱中してるうちに、すっかり親や家族のことを忘れてしまい、犠牲にしてしまうという、大きな危険性が待ち構えていて、それを未然に防ぐために与えられた、警告の物語ではないだろうか…?。
 
 この物語が、
全ての日本人の子供時代に聞かされる童話となって、なぜ、昔から伝わって来ているのだろうか?。
 
 それは将来、やがて何らかの、
(巧妙に惑わす存在)が現われる事によって、浦島太郎のような人生をたどる青年たちが、大勢現われる危険性があったからではないだろうか・・・?。
 
 その災難に、巻き込まれる危険性と可能性が高い確率で起こる、何らかの歴史的必然性があるからこそ、あらかじめ警告の意味を込めて、純粋で素直な幼い心の時に、その時代に生きる総ての人の
潜在意識の中に、与えられて来たのだという気がしてならない。

 いちいち、はっきりとは言わなくても、ヒントを与えるだけで
「悟れる民族」であることを前提に、全てを「比喩とたとえ話」をもって暗示された、何か大きな「天の意志」があるのではないだろうか? …略
 

 

ポイント
 日本人として生まれてきて、これを知らず死ねるか・・・?。
 
 みやげの玉手箱の正体は・・・?
  
 箱の中の
羽 煙 鏡の意味浦島太郎の運命と宿命は・・・?

 
亀に奪われた青春とは・・・?

 悲劇と親不孝 竜宮城とは・・・?
 
 
 本講座では浦島太郎を背中に乗せて竜宮城に案内した海ガメ乙姫様の魅力と正体を解明。
 
 「浦島太郎」の話を天が日本人へ贈られた終末の予言書と捉え、日本の青年達が辿らねばならない宿命を詳しく解明します。 ご期待下さい。
 
 

1段目
 羽根=?

軽い(空飛ぶ)→能力

翼で昇天
(鶴に変身)
 

 

2段目
 白煙=?

変身
(煙に巻く)
→呪術

年月
(呪縛が
解ける)
 

 

3段目
鏡=?

「姿見」
(自覚する)→立場

老いた姿を見て(悟れ)
 
 日本人が辿るべき宿命の道が何なのかを示している謎の「?」を解明。
 
 
 「真正の日本人」として魂の明暗が分かれる。

  
 
 東京に行ったまま10年間、蒸発して行方不明になった兄(いまい のりお)の写真。

 帰りたくても帰れなかった兄の空白10年は謎のまま
 心当たりのある方はご連絡を・・・下さい。


 こども用 ふりがな の かいせつ 

現在、最も普及する絵本 イラスト採用 一部加工 合成

@
 昔… 昔… 浦島は…
 助けた亀に連れられて…  竜宮城に来て見れば…
 絵にも描けない美しさ…♪

 
むかしむかしうらしまは…  助けたかめにつれられて… 竜宮城にきてみれば…
 えにもかけない うつくしさ♪


高橋信也 氏

A
 乙姫様の御馳走に…
 鯛や比目魚の舞踊り…
 ただ珍しく面白く…
 月日のたつのも夢の中…♪

 
乙姫様のごちそうに… 
たいやひらめのまいおどり… ただめずらくおもしろく… 月日のたつのもゆめのうち…
 

 

   

B
 遊びに飽きて気がついて… お暇乞いもそこそこに…   帰る途中の楽しみは…
 土産に貰った玉手箱…♪

 
遊びにあきてきがついて… おいとまごいもそこそこに… 帰るとちゅうのたのしみは… みやげに貰った玉手箱…

 

 

     

C
 帰って見ればこは如何に… 元居た家も村も無く…
 路に行きあう人々は…
 顔も知らない者ばかり…♪

 
帰ってみればこはいかに… 元いた家も村もなく…
 路にいきかう人々は…
 顔もしらないものばかり…
 

 

    

D
 心細さに蓋とれば…
 あけて悔しき玉手箱…
 中からぱっと白煙…
 たちまち太郎はお爺さん♪

 
心細さにふたとれば…
 あけてくやしき玉手箱…
 なかからパッと白煙…
 たちまち太郎はおじいさん
 

 
昔話の浦島太郎は、龍宮城の
主人に従って放蕩し
人生を台無しにする親不孝者達
への「警告書」 
 

ひらめきを求めて  shkf 体験講座 おわり

お知らせ

戻る

浦島の正体は

本講座 


 

「昔話」の「浦島太郎」の謎を解くと、
聖書の裁きの意味が判ってくる・・・
「龍宮城」の主人(乙姫様)に従い、
青春、人生の大半を台無しにする
戦後世代の「放蕩」を続ける若者達
へ。最後に現れる「警告の予言書」

 


 

 

答えは 鶴になって飛ぶことで挽回できます