2つの主人に惑わされ悲劇を繰り返す日本人の   宿命の「予言書」… 今、宝と屑の明暗が分かれる



解明企画


おとぎ話の謎


なぞとき工房     ほのぼの 体験

ヒント  前のページの闇の中にひらめきの宝ボタンが隠されているよ


 幼い頃、これらの昔話を聞かされたり、学芸会で演じた子供達が育っていき、やがて大人になって現在に至った。そして今その隠された意味を思い返すのが我々世代なのです。駆け抜けてきた自身の青春を振り返る今、その昔話の内容に大切な警告戒めが含まれていた事に気がつくように仕組まれた物語だとしたらどうであろうか…?

 全ての起こるべきことが、ことごとく起こってしまった後に、初めてこの真意を知ることが許されるようになる。
日本民族こそが神の霊を宿す神国の臣民であるのに、性急で独断的な隣の偽の主人の言葉に惑わされて、貴重な青春時代を無駄な訓練に捧げてしまう。 性急な思い込みと幻想に翻弄された人生だったことを、後になってようやく気づくという酷いことが起きる。

 全ての事がことごとく成就したのちに、昔話の真意が明らかにされる時、この物語によって全ての人がこれまでの生き方の是非を裁かれて明暗を分けることになる。
 
 あなたには幼き日から充分に考えるチャンスを与えて、あれほど警告してきたのに、何故この昔話の警告に注意深く耳を傾けなかったのか…と責められるかも知れません。

 この物語に込められた奥義の「真の意味」を知ることが、世紀末に生きる現代人に何よりもまず求められている。そしてこれは本当の神国として備えられた「日本人」自身が、まず真っ先に知るべき、「最重要課題」ではないだろうか…? 

 今日、幼児から戦争体験した老人に至るまで、又、文盲から博士まで、例外なく全ての人が知っている昔話。その隠されてきた「奥義」をあからさまに聞くことを許される時には、真面目だった青年たちが、なぜ惑わされて青春を無駄にする運命に落ちていかねばならなかったか…その謎と真意が明らかにされる。その時には日本人の課題と生きる意味、日本民族の正体と使命が何なのか理解できるようになる。



 「終わりの日に臣民の為に備えられた最後の隠し玉が現れる…」と神示に書いてあります。これを「最後の一厘」と呼ぶ
最後の一厘についての神示には(言いたいなれど今は言えぬ…しかし何でも無いことじゃが、これが中々じゃ…)とあります。
 
 果たしてそれが
昔話のことを指して言われた言葉なのであろうか?。昔話最後の一厘で現れる、究極の留めのメッセージなのか?。 日本の近代史に起こる歓喜と悲哀、艱難混乱の予告物語なのか?。

 この講座では、
三大おとぎ話を封印された予言書として捉えて、今日まで隠され続けてきたメッセージの真意を解明していきます。 昔話を予言書として捉え、近代史との同時性を比較検証します


 

 

 

 

     
 

「聖書おとぎ話の謎の音声朗読
カセットテープ・DVD版は売切・終了
 

参考→ 花咲か爺さん 浦島太郎 桃太郎
(¥3,000)
ネット本の申込受付を開始
 ただぼんやりと画面を見てるだけでOK!
心が解放され、悟りとひらめきの光に包まれます。

 いかなる強力なカルトの洗脳や苦しみからも解放されて、自然に脱け出すことができる内容です。

 頭を空っぽにして、ひと通り最初から最後までご覧下さい 次第に新しい人生が踏み出せます。
 洗脳 ・ マインドコントロールにかかった方や、呪縛から脱け出せない方の為に特別提供します。
 貴重な青春を奪われた人生の損失を、この機会に完全に取り戻してあなたのに変えて下さい。


 

           
 

HOME

挨拶

戻 る

つづき  解説  入学申込

三大昔話(花咲か爺 浦島太郎 桃太郎に隠された警告メッセージ)
…の謎解きで日本の課題と生きる意味が解る


大切な内容なら投票


nazotoki★nifty.com 
webコンテンツ投票する


投票 >ミステリー→ 説明 

最後の一厘のこと今は言えぬ。しかし…何でもないことじゃがこれが中々じゃ… それはおとぎ話か ホツマツタエか?       かしが すきだから (「むかし」のなかに「かし」がある。)