とりの 子供たちが 喜ぶ 鳥たちの お祭りって  なーに。 ひなまつり

投票 説明
面白ければ

市民サイト>
学問 ・ 研究

体 験

戻る


     

日本の風習



不思議な
日本の風習

神秘的な風習だらけの年中行事



 正月門松や注連縄(しめなわ)に三段重ねの餅飾りの準備から鏡開き。

 節分に草 ひな祭り 桃 ・ 端午の節句 また重い神輿を担ぐ山笠等の祭りや各地の伝統。

神事・祭 日本は季節おりおりの年中
行事等理解しがたい程、意味不明な物に明け暮れている。



絵で見る日本の祭
廣田憲治Art galleryより
神がかりになる
日本の祭りの研究



門 松

正月飾り



注連縄

素材の部屋から


モチ飾り

はねつき

素材の部屋」から

 
 正月 素材 由来  暦の観点 伝統 年賀状 餅 正月の歌

 羽子板 ペーパクラフト・・・

 重詰め料理・凧上げ バーチャル 豆まき 節分のすすめ 犬
 七草がゆの伝…紀文 おせち特集・・・ 

 喫茶 酒 正月料理  歌 詞 ひな祭りの曲

 神輿用語 新年セーバー
正月 巳正月
・・・素材大国




素材の部屋から


 しかし一体何故? 頭の良い筈の日本人がこうも・・・根拠も無い ハッキリと説明出来ないことを平然と綿々と続けてきたのだろうか・・・?

 その意味について明快に説明はできないが、そこには・・・ 多分・・・

 今日まで続けて来ただけの奥深い 何か歴史的に価値のある、とっても大切な深い「意味と奥義」がきっと含んでいるに違いない・・・と考えられます。

 先人たちが歴史的に綿々と昔から続けてきた日本人の習慣です。


巨大な注連縄


 私達は 日本人の一人として、この地に生まれ 「日本の文化習」の中に浸りながら今日まで育って来ました。

 その育ってきた者の一人として、日本の
「風習」に込められた「真の意味」問題意識を持つことがまず基本ではないだろうか?。

 まずは その数ある「回答」の一つとして(ひょっとして・・・ この風習は神の国民としての大切な守るべき信仰条件ではないだろうか・・・?)

 
という素朴な疑問からの仮説が出てくる。



注連縄の意味は何だろう?


 私たちは日本人なのだから・・・
意味や理屈など一切考えないで
「大切な条件として繰り返すこと」に意味がある・・・という捉え方である。


たこあげ

節 分

豆まき

ひな祭り

お花見

こいのぼり

あじさい

端午の節句

七五三





 とすれば・・・この国の条件が満ちるまでは隠された深い意味と奥義は明かさないほうが、返って天の理に適っているということなのか?。

 何故 季節ごとに様々な行事をするのかをいちいち説明をして理解させ 納得させて大切な仕事としてやるべきことをやらせようというより・・・

 意味も何も説明などを全くせずに
とにかく、ただ楽しみながら、条件的に綿々と続けていけるようにと、摩訶不思議な胸がワクワクするような独特の風習が定着してきたというのだろうか?。




鳥居にかけられた注連縄




 「神の選民」だとか 「神国 神の臣民」・・・などと呼ばれるだけの 真の資格と内容とは・・・?。

 いちいち詳しく説明して教えられなくても
「直感と閃き」だけで守っていける信仰条件と言えるのかも知れない。

 外国人ではなく、「神の国民」と言われる日本人という存在。

 神様も言いたいなれど言えない大切な
「秘密厳守の使命」を帯びているのかも知れない「日本人」

 だからこそ、特別に与えられた無言で守るべき
「宝物」 重要な課題が託されているのかも知れない・・・。



つづく


ひな祭り

夏まつり

花 火

稲刈り

月 見

民謡のはやし言葉

モダン注連縄

七 夕

猫とコタツ
 仏教 行事 日中習合 そもそも 過ごしかた 月 ぬくぬく 調査 結果 壁紙 かまぼこ 七五三 水引 正月飾り 素材辞典 食べ物 歳時記 聖書と日本 民謡 はやし言葉・・・
 

 

体 験

戻る

お知らせ


巨大銅鏡に暗示される「やのきまり」
 光の道を探る講座 なぞとき工房 ◎予告…
 

ひなまつり

英霊ポチは「ウス」に変身して 宝をひらめく訓練場に戦後世代を導く 暗闇の「声の主」を演じていく…