Guidance. I am preparing an English version of HP now. Please read with translation software for a while.
ごあいさつ 只今、英語版のHPを準備中。 しばらくの間、翻訳ソフトでお読み下さい。

「ひらめき養成講座」 ◎一厘予告解説・・・ 解明企画「なぞとき工房


日本人課題
探る 謎解き小説 
回想記

なぞとき 小説
ポチよ
泣かないで」

小 説

目 次

英霊の嘆きを背負った少年はポチの悲哀を再現していく。幼い記憶はやがて辿る宿命の暗示だった。

この物語は、弟の信(まこと)の少年期の記憶をもとに想定した
フィクション小説。

                           投票下さい  m(_ _)m

少年編 (省略 抜粋)

重要な一部を紹介します

この1話は少年の未来を暗示する部分です

  目 次     あらすじ

「ポチよ 泣かないで」 少年編 青春編

1 風の記憶    3 さまよう猫   4 ポチ   7 正義の使者   
11 妄 想   16 英霊の塔   25 祖母の遺志
 


スクロール


@ 風の記憶

 

風の記憶


 昭和二九年、
の地形の前足にあたる小さな海岸沿いの村に、「信(まこと)」という男の子が生まれた

信(まこと)は物心がつくようになると、兄の私(紀生 のりお)のあとを追ってヨチヨチと歩くようになった

は九歳年下のそんな弟が可愛くなって、(いい遊び相手になるぞ・・・)と思い始めていた 

やがて信(まこと)が六歳になった時、彼の未来を暗闇に引きずっていくきっかけとなる、ある不思議な事件が起こった

 その日は足元から底冷えする寒い朝だった

 「のりおー!」

親のチカが、の授業参観に行く為に、着物に着替えてから、二階に上がって来た

 ・・・ 略 

 「のりおー、母さんは出かけるけんね。あと頼んだよー」

試験勉強中だった、のりおは机に向かったままの姿勢でと生返事をした

 「うーん」

チカ襖の前でふと振り返ると末っ子の信(まこと)が、祖母ゼンのタンスの前にポツンと座っていた

 (あら・・・?)

信(まこと)の様子がおかしいのに気がついて、チカはしばらく見つめた 

 ・・・ 略

 
 
信(まこと)は、膝を抱いて丸くなり、寒さに耐えながら、ブルブルと小刻みに震え、歯をガチガチさせていた

 「おかしかねー・・・ほら、のりお、ちょっと見なさい。信(まこと)が寒 がっとるから」

のりおは、勉強を中断して机から離れて、襖の横から信(まこと)の震える姿を見た

 「おっ」

 
「あんた、火をおこしてコタツ を入れてあげなさい」

 「う、うん・・・」

 チカのりおに細かく指示して頼むと、妹のかつえの授業参観にすぐ出かけていった
 

 信(まこと)ー、ちょっと待ってろよ」「う・・・ん」

 のりおは早速、押入れの前に敷布団を敷き、その上に瓦コタツ を静かに置いた。炭火をおこすために、いそいそと階段を降りていった 

 ・・・ 略

 やがてのりおは瓦コタツの中央に、赤い炭火を丁寧に移すと、上から掛布団をかけた

 「よーし!出来たぞー、さあ、信(まこと)ー入れ!」

 信(まこと)は暖かい布団に滑りこむように潜り込むと、すぐ安らかな表情になった 

 それを見届けたのりおも、すっかり安心して襖を閉めて隣の自分の部屋で再び勉強を始めた。

 ・・・ 略


 ・・・ 略

 誰かに見られているような気配がして、信(まこと)はふと左の床の間に顔を向けた

そこには台の上に立てかけてあった遺影写真が見つめていた。16歳で志願して満州に出征した兵隊姿の叔父(芳喜)と目が合った

 (ん・・・? 何だろう・・・?)

その意思を探ろうと、しばらく兵士の目を見つめていたが、突然胸をかきむしりたくなるような激しい胸騒ぎに襲われた

険しい茨(イバラ)のような霊に支配された時、写真の兵士がフワッと動いたような気がした
兵士が
まことを見つめ何か話しかけてきた。
 

信(まこと)は急に恐ろしくなり、咄嗟に目を背けて布団を被った。 抜け出してきた英霊に髪の毛を触られた瞬間、はじけるように中に潜り込んだ。炭火の入った瓦コタツを抱いて丸まり、霊が入って来ない様に布団の隙間を必死に塞いだ…。

 炭火の入った瓦コタツを抱くように丸まり、恐怖の思いを必死に忘れようとした 

 闇にくすぶる赤い炭火を見つめながら、ただ心臓だけが「ドキン・ドキン・・・」と早鳴りに脈打っていた

 ・・・ 略

 もはや誰の助けを呼ぶこともできず、あきらめてじっと耐えていたが、次第に意識が薄れていった

 信(まこと)は不思議な息苦しさの中で、いつしか心地よい深い眠りの世界に入っていった

 どの位の時間が過ぎたのだろうか・・・。信(まこと)は日なたで猫と遊んでいる夢を見ていた。

その頃、母チカ妹かつえの授業を参観していたが、急に何か激しい胸騒ぎを感じて、教室を途中で抜け出して早めに帰って来た。 

 ・・・ 略

 ゼンがおそるおそる二階に上がって見たが、布団が一枚あるだけで辺りはシーンと静まりかえっていた

 (あら?、おらん・・・)

 孫が隠れていそうな布団を見つけ、静かにめくってみると、全身肌を桃色に染めて丸くなっている孫の姿を見つけた

 ・・・ 略

 「信(まこと)ー!信(まこと)ー!」 ・・・

 「ああ!、チカさん!チカさーん!」


 
・・・ 略

 「チカさん!信(まこと)が死んだごとなっとるばい!」

信(まこと)を抱えたゼンが叫んだ。 

 ・・・ 略

 信(まこと)信(まこと)ー!」

頬を何度たたいても起きなかった。チカはすぐに決意した。

 「婆ちゃん!うちがすぐ病院に連れて行きます」

チカは大急ぎで階段を降りていった

 その時、のりおは隣の部屋で勉強していたが、急いで追いかけて降りて来た。だが、チカの背中でダラリと死んだようになったの姿を見ると、みるみる血の気が引き、青ざめた顔になった


 チカ信(まこと)を背負って慌ただしく玄関から駆け出した

近くの橋に差し掛かった時、突然海の方から冷たい風が

 ピュウゥゥー・・・と強く吹きつけた

信(まこと)を包んでいた暖かい靄(もや)を一瞬に吹き散らすかのように、チカの背中を通り抜けていった

 ・・・ 略

 

予告編

つづく・・・

  「ポチよ 泣かないで 」 T 少年編   一部紹介

スクロール


1 風の記憶    3 さまよう猫   4 ポチ   7 正義の使者   11 妄 想   16 英霊の塔   25 祖母の遺志


 ごあんない

少年の未来を暗示する事故、信(まこと)を襲う暗闇、
光を求める放浪の旅が
小説のテーマです。
風の記憶・・・から始まる、脳の
封印。 
障害を負った
少年の心によぎる生きる課題と意味を尋ねる旅

英霊の嘆きを背負った少年は ポチの悲哀を再現していく。
 幼い記憶は やがて辿る宿命の暗示であった
・・・

あらすじ

目 次

戻 る

英霊ポチウスに変身して、宝を生み出す訓練場に
信(まこと)を導く「闇の声」を演じていく・・・


スクロール

この場面は、特に「なぞとき講座」でも引用解説する
閃きを生む重要な記憶の回想シーンで、
引用場面には謎解きの手がかりが潜んでおります
・・・
全体を通してお読み頂けば閃いてきます

信(まこと)を包む靄を一瞬で吹き散らした
の正体は・・・本編で。 
全巻はフォームから。

pochinakaf

体 験

shokyu

 全ての謎は 本講座 で見えてきます


大切な内容と
思われたら

HOME

お知らせ

ご案内

本講座