動物の地形にただよう英霊(犬)を背負った少年の体験した不思議な物語 

支 援         投 票
  


長編小説

   U第3部 チカ激闘時代前編   ほのぼの童子

 参 考  小説  「 遠路の果てに 」     著   田口 正神 
             小説 「烈風の丘に立ちて」   著   田口
チカ  
             小説 「稲妻が閃き渡る時」   著 ほのぼの童子

 
     U 
第1部 − チカ修練時代 
                        第2部 − チカ定着時代 
              第3部 − チカ激闘時代 

 長編小説  U 

     第3部(チカ激闘時代)

  

   

 嫁として入って来たチカが 両家の願いを一致させるための条件を失ってから 家の柱となる筈の 大切に育てて来た山の木を奪おうとする のような男が現われて来るようになった。 チカは必死でそれを取り戻そうと努めたが どうあがいてももはや無理であった。 チカが失った条件は 山での戦いを長引かせながら 家を建てた後にも大きなしこりとなって残っていく。失った条件を山で立て直しながら「今井家の人間」として定着するための試練がこれまでの戦いであった。

 いつの間にか
チカは自ら率先して 一家の最前線に立って戦う 意志と根性を持った逞しい母親になっていた。 山での闘争は結果的に見れば これから襲いかかって来ようとしている 家での激しい戦いの予行訓練の場になった。 チカの山での戦いは やっと終わりを告げようとしていた。そして今度は 物置小屋を建てて 使わなくなった「眠れる道具」を床下から出して 家宝として大切に棚に納める時が近づいて来ていた。 いよいよ「穢れ無き清い供え物」の形を完成する その最後の仕上げをしなければならなかった。

 だが
チカがどんなに頑張っても 山で奪われた柱となる木を取り戻せなかったように そののち その家宝の道具を納める小さな「物置き小屋」すら建てる余裕など無くなり いつまでも床の下に埃をかぶった状態で放置されたまま残されることになっていく。

 
正喜チカも毎月 家の返済に追われながら必死に働いていった。家族たちも窮乏に耐え続けながら 贅沢を敵として頑張ったが いつまでたっても 小屋を建てることが出来なかった。
 いつしか
チカは忙しさに追われて物置き小屋のことはすっかり諦めて忘れていった。

 こうして 饅頭を作る道具は 埃を被ったまま床下に静かに眠る運命になってしまう。 その時から 床の下の怨念が 今井家に不吉な事件を巻き起こして行くようになる。
それは まず末っ子のに襲いかかった。あたかもの頭を封印するかのように 未来に大きな艱難を巻き起こす原因となる事故が偶発的に起こって行く。

 それ以後 今井家の周りから 土地を奪おうとする忌まわしいのような隣人たちが現われ 艱難と災いがたびたび試練のように発生して来るようになる。

 純朴で裏表が無く 人の言葉をそのまま信じて簡単に騙されてしまう お人良しの今井家の人間に代わって 嫁として入って来た
チカが この「今井家に与えられた土地」を死守しなければならなくなった。
 それは
チカが「中心人物」となり 襲いかかる狐狼のような隣人たちから 「一本の大切な木」を守り抜く使命があった。

 そしてその前にまず その木を象徴する人間を包み 守ってくれる神殿のような空間を まず先に築きあげたという条件を立てなければならなかった。 これは「光の道を備える」ために どうしても勝利しなければならない「最後の戦い」であった。

 だが 祭壇となる小屋に道具を入れる前に ほんの僅かの油断によって 3つの黒い存在が侵入する。 この事件により これまで
チカが立てようとした全ての条件が奪われてしまった時 まるで息子のはこの世に捨てられたかのように 孤独な暗闇の道を歩いていくようになっていった。

 やがて 長い長い歳月が流れ が放浪の果てに光を取り戻して 家に帰って来る時 チカは全ての疑問と苦しみと悩みから開放され 「激しい戦いをして来た自分の一生が何であったのか」を知り わが人生を振り返るようになっていく。

 U 第3部 (チカ激闘時代

   あらすじ

 やっとの思いで家を建て直したものの 物置小屋を建てるまでの余裕がなかった。今まで古い家の二階に置いていた「饅頭を作る道具」を置く場所が何処にも無かった。チカ「もう処分したらどうですか?」と姑に提案するが ゼンはどうしても捨て切れなかった。 チカは仕方なくその道具を床下にほうり込んでしまう。 そのまま埃を被った状態で何年も無造作に置かれることになっていく。

 そのような中で子供たちは床下に眠る道具が何を意味するのか知らないまま すくすくと育っていた。 
チカは この「眠れる道具」が全く役に立たない邪魔なガラクタにしか見えなかった。(もう二度と使うことはないのに・・・)と思って大切にしなかった。 この時から この道具と同じように(まこと)の魂も封印される事件が起こることになっていく。 それから次々と家の周りから試練が襲って来るようになるが それでもチカはその意味と原因に気が付かなかった。

 その時 あたかも無理にでも大事な家宝として道具を納めさせるかのように 最後の大きな艱難が起こる。 
チカはこの災いが起こる前に ある不思議な直感が閃いて 防波堤の役割をすることになる ブロック小屋を建てることを思いつく。

 だが その最後の仕上げの段階で3つの黒い存在に浸入され
チカが立てて来たすべての条件が奪われてしまう。それでも 道具はなんとか納められたが (まこと)の頭の封印が解かれる時は はるか先に延ばされ 再び眠り続けることになっていく。

 もはや
(まこと)は 眠りから醒める時を失ってしまい 再び黒い霧が頭の中を覆った。その暗闇の中に包まれてしまった(まこと)の心を 二度と目覚めさせないように の命を狙う死神が 刻々と近づこうとしていた。 だが死神が襲いかかって来た時 チカは身を挺しての命を守り抜く。

 その瞬間から
チカの使命はに受け継がれていく。そして回り道をしながら その奪われた条件を再び立て直すために チカが通った茨のような道を たった一人で歩いていくようになる。

 やがて永い年月をかけながら いよいよ最後のおわりの時が近づく時
(まこと)の眠れる魂が目覚め そのの戦ってきた人生の意味と 今井家の使命のすべてを解き明かしていく。

               第3部(
チカ激闘時代のあらすじ) おわり

      逃れた青蛇

 夕暮れになった空の下 山の仕事を終えてゼンは身支度して帰ろうとしていた。まだ小さな勝江(まこと)は 金魚のフンのように ゼンの傍にくっついて後を歩いていた。

 ミカンや柿の生えた細い道に差し掛かった時だった。道沿いより一段高い畑に生えたミカンの木の葉が揺れていた。勝江
(何だろう?)とふと見上げた。まだミカンの実は青く 緑の葉の中に埋もれて見分けがつかなかった。その緑の葉の枝に目玉のパッチリしたかわいい子供の蛇が枝を伝って登っているのを見つけた。

 
「あっ お婆ちゃん!ほら見て 可愛いー!」その声に 先に歩いていたゼンは振り返り 勝江の指さす方向を見た。 そこには生まれたばかりの 青緑の小さな蛇が ミカンの枝葉の上に揺れていた。「婆ちゃん ちょっと見張っててね すぐ篭を取って来るけん」そう言うと勝江は急いで小屋に戻っていった。 小屋に置いてある篭を取りに大急ぎで走っていく勝江の姿を 二人はあ然として見ていた。

 
(・・・?)ゼンは蛇を篭に入れて持って帰ろうとしている勝江「ギョッ!」として(まこと)の顔を見た。「勝江は どうするつもりやろか? 蛇を持って帰るつもりばい」「うん・・・」  見るとまだ生まれたばかりの蛇で ぎこちなく木登りをしていた。「信(まこと) かわいそうやから逃がしてやろうばい」「うん 逃がしてやろう」 信(まこと)は 直感的にゼンの意見を正しいと思った。 (まこと)ゼン勝江が戻って来ない間に 「ガサガサ!」と枝を揺すって逃がしてあげた。「早よう逃げろ 早よう逃げろ お前 捕まるぞ!」
 
は驚いたのか 枝を伝ってチョロチョロと草むらに逃げて行った。

 やがて 勝江は小さな篭を手に下げて 大急ぎで戻って来た。その一生懸命な姿を見ながら 二人は少し良心の呵責を感じていた。「あーあ 遅かったねー。もう逃げてしもうたぞー」「え! なーん。もーう・・・」勝江はがっかりした。「蛇は逃げ足が早かねー」は訳の分からないことを言ってその場を誤魔化した。「あーんもーう 可愛かったのにー・・・」「・・・」「あんな可愛い目をした蛇はもうおらんやったのにー」「ああそうねー ばってん しょんなかたい」勝江はゼンに慰められながら カラの篭をだるそうに下げて 残念そうに何度も振り返りながら山を降りていった。

 この 篭の中に入れられる直前で 危機一発 難を避け「逃げた青蛇」は 遠い将来の(まこと)自身の運命を暗示していた。小さな青い蛇は上に向かって一生懸命に登ろうとしていた。 だが連れ去ろうとする女の子の持つ篭の危機から逃れ ひとまずミカンの木を下りて傍の草むらの中に逃げて潜んだ。 この蛇は山を静かに見守り続ける「山の主」となっていく。 やがて終わりの日が近づく頃 今井家の山が稲穂から鮮やかなミカン畑に代わっていく日が来る。

 その時 宝石のように輝やくオレンジ色の玉が 山を覆いつくしてしまうことが蛇の願望でもあり オレンジ色に輝く存在を明かすことが 信の一生をかける最大の使命となっていく。 

      建て直しの時

 今井家の家はかなり古くなっていた。台風が来る度 天井のあちらこちらから雨漏りがするようになった。ゼンは 天井から落ちて来る水滴が畳みの上を濡らすのを見ると バケツ洗面器 茶碗などを急いで集め そこら中に置いた。 風が吹くとギイギイと今にも崩れそうにり 天井や柱からきしむ音がしていた。

 
「えずかー。早よう家を建て直さんといかんばい。おら もう恐ろしくてこんな家には居りきらん!」ゼンチカに文句を言った。 自分たちの代で とうとう家が建て直せなかったのに 息子や嫁の代に重荷を押しつけられるようで チカは少し腹を立てながら聞いていた。
 折角 家を建て直すための柱にしようと 大事に枝をはらって育てていたのに 山の木は 舅たちのいい加減な対応で あのキツネ男に奪われてしまったのだ。

 だが もう文句を言ってもどうにもなるものでも無かった。
チカは仕方無く 借金してでも建てることに決め 夫の正喜にも相談してみた。 萩野という大工さんに図面を書いて貰い 見積りしてもらったが 貧しい今井家の家計には大変な金額であった。月々の給料から計算してみたが どうしても返済に無理があった。 「夫の障害を理由に 町内会に相談して借金すればいい」という話が出たが チカはきっぱり断わった。

 
(そんなことしたら あとで近所から何を言われるか判ったものじゃない) チカ (農業の仕事の合間に 自分が日雇いの仕事をすれば 夫の給料と合わせれば どうにか返していける筈だ・・・)と 心に腹づもりをして 大工さんに頼みに行った。
 だが そんな
チカ 「誰にも頼らずに ほんとにちゃんと毎月そんな金額を返済出来るとですか?」といぶかしそうな疑いの目で大工は見た。

 「予算を立てて 月々ちゃんと間違いなく返済しますから 大丈夫です」「いやー 申し訳がないが 危ない橋は渡れんばい!」 大工は冷たく断わった。 チカは 信じて貰えないのが悔しかった。
 
チカは仕方なく もう一軒の樋口という別の大工さんに頼みに行った。 「とにかく最低住めるだけの家でいいです 白壁も塗らなくていいですから 何とかこの予算内で建ててくれませんか?」「・・・」「うちたちも出来ることは 何でも手伝いますけん」必死でお願いするチカの情熱に負けたのか 大工さんはやっとの思いで承知してくれた。
 こうして古い家は解体されることになった。その間 家族たちは父の友人の家に仮住まいさせて貰うことになった。

       彷徨う猫

 家が建つまでの間 二十軒ほど先の 父の幼な友達である「松本のおじさん」の家にしばらく厄介になることになった。祖母ゼン(まこと)たちは 飼っていた三毛猫(ミケ)を抱いて 仮住まいに連れて来たが その家には既に別の三毛猫が飼われていた。信は抱いて来たミケをその猫のすぐ傍に連れて来て 「仲良くしてね」と傍に降ろした。 だが先にいたは 自分の縄張りに入って来た 見知らぬよそ者が突然現われたので急に警戒した顔になった。

 
ミケの身体に鼻を近づけ クンクンと臭うしぐさをしたかと思うと たちまち「フーッ!」と爪をたてて激しい喧嘩を挑んで来た。いきなり襲われて驚いたミケは 一目散に何処かに逃げてしまった。 (まこと)は すぐミケの後を追った。怯えて畑の中を駆け抜けていく後姿を見つけて 「ミー ミー!」と大声で叫んだ。ミーは一瞬チラッと振り返ってを見たが又すぐ見えなくなった。「ミー ミー!」 (まこと)勝江は 近くの家の垣根を越えたり あちこちを捜しまわったが とうとう見失ってしまった。。

 やがてミケは 夜になって忠霊塔を目印にしながら どうにか元の家に戻って来たが もうこの家は壊される直前であり誰も居なかった。家の周りをグルグル何回も廻りながら 「ニャーーン ニャーーン」何度も何度も主人を呼んで中の気配をうかがったが 家の中は真っ暗闇で 人影もなくシーンと静まりかえっていた。「ニャーオ ニャーーオン・・・」

 
ミケは 安らぎの家が暗闇の世界に変わったことを知った。それでも主人の影を求めて呼び続けた。 ミケは何の反応もない闇に向かって鳴き叫んでも虚しいばかりで すっかり鳴き疲れてしまった。(主人はもうここには居ないんだ・・・)ミケは仕方なく連れて行かれてすぐ逃げ出した あの意地悪な猫の居る怖い場所に戻るしかなかった。

 そのころ(まこと)信も 逃げたミケをあちこち捜しまわっていたが ほとほと疲れてしまいあきらめて戻っていた。お世話になる事になった仮の家の二階で ゼンに布団を敷いて貰って しばらく横になっていたが 夜中にミケの叫ぶような鳴き声を聞くと 「あっ ミーが鳴いている。ミーだ!」 (まこと)「ガバッ!」と布団から起き出してすぐ外に出て捜し廻った。

 
「ミー!ミー!」何処か離れた所から鳴いて こちらをうかがうミケの目が光っていた。 (まこと)は 暗闇の中に目を光らせて泣くミケいりこのご飯を持って行ってあげた。「ミー ミー」確かに主人の呼ぶ声が聞こえている筈なのに ミケは恐れて決して近寄って来なかった。

 
(まこと) 猫は人には着かんで 家に着くとばい 猫の習性は哀れかばい…」心配して後ろに付いて来ていたゼンがつぶやいた。 ミケはこの日 とうとう家の中には入って来なかった。 主人が移った家は 既に別の飼い猫の縄張りであり 「喧嘩に負けてしまったミケは 決してもう二度とその土地に入ってはならない」という 猫の世界の厳しい掟があった。

 翌日 家は壊されることになった。柱にヒモをかけて大勢で引っぱると 埃をたてながらガラガラが崩れ落ち すっかり瓦礫の固まりになった。たちまち廃材が片付けられて 何もない廃墟になった。人知れず ミケは独りぼっちで忠霊塔のふもとからその様子を驚いて見ていた。

 やがて
ミケは 僅かな瓦礫が残った空き地にやって来た。何も無くなった家の跡を彷徨い歩きながら「ニャーオ ニャーオン」と何度も心細くなって鳴いていた。

 その時
チカは 瓦礫の跡地を彷徨うミケを見つけて 何度も仮家の方に連れ戻そうとしたが 仮住まいの家の近くまで来ると いじめる猫の気配を感じたのか 激しく暴れてチカの手を引っ掻き すぐいなくなってしまうのだった。

 こうして「安らぎの家」を失った
ミケは 何日も野良猫になって 忠霊塔の下の薮の中や荒れ野をさ迷い続けた。家と主人が分裂した二つの家の間を 何度も何度も行ったり来たりしていた。

 どちらに行っても
ミケの安らぐ空間は無かった。疲れ果て行き場を失ったミケは 怯えながら真夜中の道をお腹を空かして「ニャーオン ニャーオン!」と何度も鳴きながら いつか主人と一緒に住める安住の家を必死に捜し求めて彷徨った。

 やがて 崩した瓦礫の中から基礎の石と柱が立てられ 少しずつ新しい家の原形が現われて来た。 (まこと)は幼稚園から帰ってくる度に 隣の家の前に座って家が出来上る様子を見あげていた。

 裏に廻ると
紀生が壁塗りの左官さんの手伝いをしていた。壁の竹の格子に藁を巻き付けて編んだり その上に塗る赤土を足でこね 刻んだ藁を中にパラパラと入れて 足で何度も踏んで混ぜ合わせていた。

 そのころ 家が少しずつ出来上る様子を 野良猫になったミケも 忠霊塔のふもとに生い茂る草薮の中からいつも見に来ていた。 ミケの見たことも無い顔の大工さんが「コンコン」と音を建てて忙しく働いていた。
 時々
チカの姿が見えた。ミケチカの顔を見つけると何となく希望を持つことが出来た。(もう少し我慢したら いつかきっと帰れるんだ・・・) お腹を空かせたミケ「ニャーーン」と一声鳴いてまた草むらに住む野鼠を探しに薮に消えていった。


 やがて新しい柱の骨組みが出来て 棟上げの餅が屋根の上から四方にまかれた。
(まこと)は 近所の人が集まって餅を拾う姿を不思議そうに見ていた。
 
 こうして半年後 新しい家が無事に完成した。家族のみんなは再び戻って来た。
ツトム叔母さんたちも手伝いを兼ねて家を見に来ていた。かたづけもどうにか終わり 二階でゼンと親戚の人たちが何か話していた時 トントンと階段を静かに上がって来るかすかな音がした。「ニャーーン」 (まこと)が驚いて振り返ると なんと放浪していたミケが 不安そうに鋭い目つきでこちらの様子を見あげていた。

 「あっ ミーだ。ミーが帰って来た!」 (まこと)は思わず叫んで勝江に喜びを伝えた。「おいで ミー おいで」 (まこと)勝江ははしゃぎながらミーの名前を一生懸命に呼んだ。見慣れぬ親戚の人がいたので ミケは警戒してゆっくりと歩いてきた。

 ミケはすっかり痩せこけ 毛並みがバサバサに汚れてはいたが いつの間にか野良猫時代の苦労を重ねて 眼光鋭く強く逞しくなっていた。新しい畳の臭いを嗅ぎながら 目をキョロキョロさせて おそるおそる近寄って来た。 元住んでいた場所に 再び新しい家が出来て 以前の主人たちの同じ顔ぶれを確認すると やっと安心したように急にゴロゴロと喉を鳴らし始めた。

 ミケは失った故郷を取り戻した喜びを感じたのか
(まこと)ゼンの膝に何度も頭をこすりつけ擦り寄って来た。「おー よしよし よう帰って来たね」 ゼンも嬉しそうにミケを抱いて撫でてあげた。(まこと)はこの時 全身で飛び上がるほど嬉しくて たまらない喜びを感じていた。 その後ミケは 新しい家にも慣れて たくさんの子供を生んで子孫を増やしていった。

 
     眠れる魂

 こうしてどうにか 家は完成した。だが白壁を塗らない赤土を塗っただけの壁は ちょっと触るとすぐザラザラと砂が落ちる有り様だった。すべての部屋に畳を敷く余裕も無く 代わりに新聞紙を敷いた。 チカには意地があった。きちんと借金を返済するまでは 贅沢は出来なかった。しばらく食費も切り詰め たくわんにご飯という つましい生活が続くことになる。

 こんな状態で やっとの思いで無理しながら家を建て直したので 裏に物置小屋を建てる余裕など全くなかった。
 古い家の時には かさばる「饅頭を作る道具」は二階の部屋に置いていたが いざ新築してみると それを置く場所が見つからなかった。

 
チカ(もう饅頭屋を辞めてしまったのだから 二度と使うことはないだろう・・・場所ばかりとってかさばるので邪魔になるだけだ・・・)と思った。「婆ちゃん この道具 もう使わないんなら 権利を譲った店にあげたらどうですか?」「いーや 爺さんが大事に使ってきた道具やから 絶対に捨てたらいかんばい!」

 
ゼンはどうしても捨て切れなかった。 チカは 姑の言う通りにするしかなかった。だが何処にも置き場所が見つからなくて 仕方なくジメジメした床下に入れることにした。チカ紀生に饅頭の道具を床の下に運ぶように言いつけた。紀生は母の言いつけどおりに それらを放りこむように押し込んでしまった。

 こうして 今井家家宝はそのまま埃を被った状態で 何年も無造作に置かれてしまうことになった。 ジメジメした床下に置いたので たちまち腐蝕が始まっていった。気が付くと工具箱に入れていた饅頭に押す焼き印なども すっかり錆びと埃にまみれていた。 

 そんな中で家族や子供たちは床下に眠る道具が何を意味するのか 全く気がつかないまま暮らしていた。 
チカは この「眠れる道具」が場所ばかりを取る 邪魔で役に立たないガラクタにしか見えなかった。(どうせ 二度と使うことはないのだ・・・)と思いながら忘れてしまおうとした。

 この時から この眠れる床下の道具にとりついた怨念が 静かに動き出し始めた。

 ある寒い冬の日 末っ子の(まこと)の上に思いがけない艱難が襲って来た。 この事故はの命を奪ってしまうかに見えた。だがは脳に大きなダメージを受けたが 人知れず重い障害を残したまま奇跡的に助かった。

 こうして今井家にとりついた怨念は
(まこと)の魂も封印してしまう事件を起こすことになってしまった。 その後も 呪われた家のように 周りから次々と試練が襲って来るようになるが チカはその原因と意味に気が付く余裕など無く 家の返済金と生活苦との戦いに明け暮れるのが精一杯であった。



      奪う隣人

 今井家のすぐ斜め前には 犬好きの老夫婦が営む雑貨屋の店があった。だが不思議と その店で買い物をするの姿を は一度も見たことがなかった。

 どんなに急ぎの時でも わざわざ遠い店の方に歩いて行った。買い物から帰って来て台所まで来た時
「あっしもうた あれ買うの忘れた!」と言うとすぐまた舌打ちしながら引き返した。 (近くで買えばいいのに・・・)と普段から思っていた(まこと)は 窓から見ていたが やはり斜め前にある店をチラッと一瞥したまま 遠い方の店に急ぎ足で戻っていった。

 しばらくたったある日
(まこと)は玄関の前で不思議に思っている その理由を母に聞いて見た。するとチカは 忌まわしい過去を思い出したのか 急に怒ったように言った。「そこの店は汚かとよー」「え 何でー・・…?」「んー・・・」 チカは 話していいかどうか ちょっとしばらく ためらっていたが意を決したように話し出した。

 
「以前は近くて便利だから よく買い物をして帳面に付けて貰ってたとよ」「うん・・・」「ばってん ある時 月末に支払いに行ったら 買った覚えも無いものが帳面にいっぱい付けられていて えらい高い金額を請求されたけんね うちはそんな不正な行為が絶対許せんやったけん そん時に店の人と大喧嘩したとよ…」 チカはその時の成り行きを詳しく話した。

 チカは 一ヶ月ほど前に自分の買った物が何であったか 忘れる筈は無かった。

 「おかしかですね。こんなもの買った覚えはないですよ」と指摘しても 店の人は「日にちが過ぎとるから 自分で買っていったのに忘れとらっしゃるとやろ・・・」と いい加減なことを言い通して 絶対に帳面の記載を誤魔化したことを認めなかった。

 一見 物静かで優しく見える
チカは 悪意を持った人が何か付け入ろうとした時には 穏やかに さり気無く注意した。それでも相手が全く謝らないで居直ってしまうと 尚更絶対に許せなくなってしまうのだった。耐えていた堪忍袋の緒が切れた瞬間 秘められていた激しい性格で徹底的に抗議するのだった。チカをなめてかかった人は そのあまりの激しい反撃に面食らって 何も言えなくなった。

 それからというもの はどんな事があってもその店で一切買い物をしなくなった。
喧嘩して以来 いつもわざわざ遠くの店に買い物をして家に帰ってくる
チカの毅然とした姿を見る度に その店の人も 改めて自分の犯してしまった行為を恥じ入るようになっていった。
 謝る機会を無くしたまま 永い間冷戦状態が続いていた。
チカさんに償いをする時がいつか来ないだろうか・・・)という申し訳ない気持ちになり ガラス越しに玄関から出て行くチカを見ていた。
 はその時 母の中に(一度決めたら たとえどんなに不便なことになっても意地を貫き通す)人並み外れた強い意志と 不屈の闘志が隠れていることを感じ取っていた。

      水盗人

 ある時 急に水道代の使用量メーターが異常に上がり出した。
祖母のゼンは 洗濯好きな長女の
信子が いつも水を出しっぱなしで すすぎを何回も繰り返して洗濯をすることが原因だと思い込んだ。「信子!お前は何回すすぎばするとか!」「・・・」

 
「お前のせいで 水道代が何千円も上がっとるとぞ!」 ある日 ゼンは信子をきつく叱った。信子は普通どうりに使っているつもりだったので 身に覚えが無いのに叱られるのが悔しくて ゼンに口答えして反抗した。たちまち激しい口喧嘩が始まった。仲裁に立ったチカは 激しく言い争う二人のお互いの言い分を聞きながら 冷静になだめた。

 
チカは どちらの言い分も聞いた上で (どうも おかしいな・・・)と考えていたが ふと何かが直感的に閃いた。チカは家の周りを水道管に沿って見て廻ってみた。すると元栓の方から枝別れして 隣の家に引かれている一本の水道管を見つけた。

 
チカ (ひょっとしたら…)と思って 隣の人が水道を使う頃を見計らって 試しに元栓を締めてみた。しばらくすると「あらー 水が出らんばい!」と隣の親父たちが騒ぎだす声が聞こえて来た。チカは元栓の所で何やらゴソゴソしだした隣の親父を見つけると 自分の直感が当たったのを確認した後 タイミングを見計らってとぼけた様子で近づいていった。

 「あら 何ごとですか? たった今 うちの水道の蛇口が壊れたから 修理するために止めた所ですが… おかしなことですねー。うちの水道の元栓を締めて お宅の水も出なくなるというのは どうことですかねー…」 チカは 思わせぶりに親父の顔を覗き込んだ。
 隣の親父は ギョッとした顔をして 何でもお見通しのような
チカの顔を見た。
普段は 無口でおとなしく見えるのに
チカは不正に対して一歩も怯まない激しい性格を秘めていた。隣の爺さんは 意外な母の気性に恐れおののいたのか そのまま 逃げるように家の中に退散した。そして 翌日すぐに水道管は元に戻されていた。

      動く境界石

 ある日 チカが買い物に行く途中に 近所の人がチカを呼び止めて耳打ちして教えてくれた。「あ チカさん!ちょっと ちょっと お宅の隣の爺さんが何やら あんたの家の境の敷石をバールでこねて いじりよんしゃったですばい」 チカは それを聞くと(ああ 又あの親父は 何か良からぬことを始めたな・・・)と呆れた。「どうも教えてくれてありがとう」とお礼を言うと すぐその場所を見に行った。
 境界を見ると 隣の家との境石が今井家の方に少し動かされているのを発見した。
境石の横には テコを差し込んでこねた後の穴がポッカリと空いていた。

 それに顔を上げて良く見ると 裏口に行くための通り道に 境界線一杯に垣根が張り出して立てられていたり 材木が積み上げられて 通りにくくなっているのに気がついた。 

 今まで人間一人が荷物を持っても楽々と通れていたのに 身体を横にしてやっと通れるほど狭くなっていた。積み上げた材木の上に跳ね返った雨垂れのために うちの家の壁板が濡れて腐りかけ すっかり水ゴケが生えていた。

 
チカは これらのことを確認すると 意を決して隣の家に尋ねにいった。「こんにちはー」中から怪訝そうな顔をした爺さんが出て来た「ちょっと話しが有りますから…」チカ爺さんを境界の所に呼び出した。
 ヒヤヒヤしながら 爺さんはやって来た。
「ちょっと これを見て下さい。お宅が積み上げてる材木に 雨水が跳ね返って うちの家の壁の板が濡れて腐りかけているでしょう」「・・・」「おじさん もうちょっと材木を引っ込めて貰えませんか?・・・」「何か そんならお前ん家が 雨どいを取り付けたら良かろうが!」「うちの家はすぐ付けようと思ってた所です。じゃあ うちの家が付けたらおじさんとこも付けて貰えますか?」「何でうちが付けなならんね!」その高飛車な態度にチカ「カチン!」ときた。

 
「そげな馬鹿なことがありますか! だいたい屋根から落ちる雨垂れは ちゃんと地面に落ちるように作られている筈でしょう。! 境の石をずらして ギリギリ一杯に材木なんか積み上げるから こげなことになるとじゃないですか!。おじさんが境石をずらしていることは判っとるとですよ!」「な 何をー!」親父は一瞬ギョッとしたが 「おらあ、知らん 知らんぞ!」ととぼけた。

 
「ちゃんと元通りにして下さいよ!」チカは念を押して頼んだ。だが 隣の爺さんは突然「うるさい!」と大声を張り上げてチカを脅かした。
 だがそんなことでは
チカは引き下がらなかった。「裏の勝手口に通じる道を塞がないように わざと通り安いように開けてあるのに 材木なんか置いてわざわざ狭くしないでも ゆったりと通れるように開けておいたらいいでしょう!」「何を! 貴様んは! おなごのくせに生意気なこと言うな!」「そげなおなごに 注意される恥ずかしい事しよる人は一体誰なんですか?」「き き 貴様は 日本人じゃなか!」「うちが日本人じゃ無かなら 親父さんは何処の人間ですか?!」

 普段は無口でおとなしく見えるのに チカは不正に対して一歩も怯まない激しい性格を秘めていた。隣の爺さんは 意外なの気性に恐れおののいたのか 口喧嘩を辞めてすごすごと家の中に退散した。

 2,3日すると境界の石はすっかり元に戻されていた。
チカに告げ口してくれた人も その戦いがどういうことになるのか ハラハラしながら離れて見ていた。 そして完全にチカが隣の爺さんをやり込めたのを見ると 今までの溜飲が下がったのか その見事さに全員で拍手喝采したのであった。「あの たぬき爺いには みんな泣かされてばかりいたのに チカさんは凄かなー。 よう喧嘩して負けんやったねー」みんな驚いていた。

 やがて この事件は近所で有名になり
「あの偏屈爺さんをとっちめた チカさんという人はただ者んじゃなかばい! 大した度胸のある人ばい・・・」いつの間にか女性なのに武勇伝のような話が伝わり 部落中の人々からも一目置かれるようになっていた。


 
      鉄の花嫁 

 「博多から来たすごい嫁さんがいる」という噂は近所中にたちまち広まっていった。チカは実に 襲いかかる外敵から今井家に託された「大切な宝」を守り抜くために 見えざる天の手より選ばれて糸島に嫁いで来た稀に見る 強き「鉄の花嫁」だった。

 普段は物静かなのに その内側には正義を貫く強い意志と 人並み外れた激しい根性を秘めている女性であった。そしてその
を射止めたもまた 尋常でない忍耐力でチカを勝ち取ったのだった。

 今井家の姑たちが饅頭を作りながら築いて来た末が「田んぼと 家の土地」であった。その今井家に襲いかかる試練からの方へと移っていた。では 水の戦いには勝つことが出来て どうにか稲を枯らすに済んだ。たが 木と土地はどうあがいても 奪われたまま 取り戻すことが出来ずに終わった。

 での「奪い合い」という手始めの戦いは の意地悪爺さんがまず試練するかのようにして現われた。その水と土地境界の戦いは
チカの咄嗟の「閃きと知恵」で無事乗り越えた。 チカがいる以上、 もう誰が来ても今井家の家は守り抜けるか・・・のようであった。

 いや もはや 今井家を襲う試練は
チカによってしか勝利を収めることは出来なかった。 ゼンも夫の正喜も どちらかと言うと お人良しで無益な争いごとが嫌いで 「争いを避けるためなら 少々損しても仕方が無いたい・・・」と 簡単にあきらめ 我慢して引き下がる性分であった。職人気質で 黙ってコツコツと働くことを選ぶ方で 温和で真面目な血筋の性格であった。

 だからこそ この時代の
チカは そんな弱腰の今井家の危機を救う為にも たった一人で強く立ち向かって行くしかなかった。「根性! 人間は根性を持たんといかんよ」チカは おとなしい信にも力強いものを要求するようになっていた。 あまりにも忌まわしい隣人たちばかりに囲まれて生活していたせいか チカは少し荒々しい性格が前面に出始めて来ていた。

 
ゼンも ふだん 物静かで控え目な嫁のチカ「ここぞ!」という時には 自分には到底解決出来そうもない事件を その真相と原因を突き止めて たちまち解決してしまうのが不思議でならなかった。

 外から襲いかかって来るどんな難問や試練にも 十分に調べて適切に処理していくのを見る度に
(うちの嫁は頼もしかばい。もしチカさんがいなかったら うちの家は今頃どうなってたか判らんばい・・・)と 今井家に幸せをもたらしてくれる偉大な嫁であったことを今更ながら 痛感し見直すようになっていった。

      消えた兄貴

 長男の紀生には 中学生のとき転校して来た同級生の恋人がいた。
紀生は卒業してからその人と付き合っていたが 彼女肺結核を患って以来 次第に遠慮がちになり 紀生から身を引くように遠ざかっていくようになった。当時 肺結核は治る見込みのない死病だった。

 
彼女は希望を失い 生きることに疲れ果てたのか ある日突然 何も言わないまま遺書も残さず 亡くなってしまった。 それ以来 紀生は死んでしまった恋人の面影を切なく慕いながら 絶望と闇の中に深く沈んでいった。

 
彼女が 果たして病気の我が身をはかなんで自殺したのか 単なる睡眠薬の飲み過ぎの事故だったのか それすらも分からなかった。
 悲しみを胸に秘めながら それでも毎日会社に勤めてはいたが
(明日に向かって生きていこう)という 前向きの気持ちはすっかり無くしていった。気を紛らわせるために他の女性を愛そうと努めたが駄目だった。 死んだ彼女以上の女性は現われなかったし 誰も愛せなかった。

 何を見ても この村にいるだけで 死んだ
彼女の面影が思い出されて 苦しくなるばかりだった。 紀生彼女にたまらなく逢いたくなり (もし 自分も死ねば彼女に天国で逢えるのだろうか・・・。もし逢えるのなら俺も彼女の許に行きたい・・・)と 密かに自殺を考えるようになった。いつの間にか 紀生はポケットの中に睡眠薬を忍ばせるようになっていた。

 だが
愛する女の後を追うことは あまりにも女々しくて 男としてのプライドがどうしても許せなかった。死ぬに死にきれず 苦しい日々が悶々と続いていた。 (人間は死んだら何処へ行くのだろうか? 人間が死ぬのは何故だろう?…)

 ある日 紀生恋人との思い出を全て断ち切って忘れるために 故郷を捨てて東京に行くことを思いたった。 中学を卒業してからすぐ 若くして課長になり スピード出世をして将来を有望視されていたが 紀生は突然「辞表」を出してしまった。父親に相談して決めたかったが(苦しい失恋の思いなど 父には到底判る筈がない・・・)と思って何も言えなかった。

 
紀生は会社を辞めたことを仲々言い出せないまま いつものように朝起きて勤めに行っているふりをして出かけた。だが何処にも行くところがなく 映画を見たり パチンコをしたりして博多の街をブラブラして昼間の時間をつぶしていた。

 だが
の行動を不審に思って 誰かがそっとゼンに知らせて来た。はこのことをゼンによって知り 「何でお前は俺に何も相談もせんで 勝手に辞表を出したりしたとか!」紀生をきつく叱った。
 紀生は 頭ごなしに怒る
父親に 自分の失恋の痛みによる 心の悩みを相談できず だだ叱られるままに黙ってうつむいていた。「男は一度会社に入ったら 辛抱してその職場を勤めるべきやろうが!」と何度も怒った。

 それからまもなく 紀生は 千葉の方に就職先を決めて 糸島から去っていった。それ以来
紀生は 時々思い出したようにお盆と正月に何度か帰って来ていたが 最後の年賀はがきが来て以来 プッツリと音信不通になったまま 何年も何処に行ったのか行方が判らない状態になっていった。紀生は蒸発して消えてしまった。
 唯一の頼れる男手がいなくなり 母と祖母は 二人だけで苛酷な農業を続けていた。

 
チカは どんな時にも しっかりと紀生が力仕事を受けもって自分を支えてくれると思っていたのに その頼りとする紀生もいなくなってしまった。長女の信子も山の手伝いを嫌がってか 「うちは新聞配達を始めたから…」と逃れた。勝江(まこと)もまだ幼く 手伝いにはならなかった。もはやチカも これ以上農業を続けていく自信が無くなっていった。 
 

       稲作を辞める時

 チカ稲作の仕事はすっかり覚えてしまっていた。 だが これから先 何年も毎日山を登ったり下りたりしながら続けても 別に新しい変化も希望も生まれて来ないことを感じていた。 チカはふと新しい別の仕事をやって見たくなった。 田植えの草取りも終えて 少し暇が出来た合い間に チカは近所の日雇いの 土方の仕事を手伝うようになった。

 家の基礎を造る
土方の仕事は 稲作の仕事とは全く違う別の世界だった。今までに知らなかった新たな仕事を覚えていく面白さを味わっていた。 施設や道路の基礎を造る仕事は セメントを運んだり 肉体労働が多くて女性にとっては大変辛い仕事であった。

 フラフラと安定の悪い一輪車の上に
瓦礫を積んで運ぶのは 簡単そうでいて なかなか難しく要領が要った。 始めはバランスを崩して何度も倒してこぼしてしまったりしていた。だが いつの間にか 左右の取っ手をしっかり握って 自由にコントロール出来るようになっていった。
 
 
チカが 家と土地などの基礎を築く仕事に関わるようになっていったのには 実は深い意味があった。 これは将来 チカが舵取りをしながら 押し出して行かねばならない瓦礫の中にまみれるあるものを象徴していた。 

 それは 役に立たない
瓦礫のように この世に捨てられる宿命を持った存在でもある。だが その瓦礫にまみれた中から キラリと光る大切な宝ををしっかりと拾い集めてよみがえる日が来る。 既にチカはこの時 「山の戦い」を早めに終えてから 「家の戦い」に備えてその存在の土台作りをするための訓練の道を歩み始めていた。

 ある日 チカは小学校の花壇の工事をすることになった。 一輪車に花壇の土を積んでいたが 休み時間のチャイムが鳴ると 生徒たちがいっせいに校舎の外に出て来た。チカが見ていると 偶然息子の(まこと)が友達と何か話しながら出て来たのに気がついた。 「まことー! まことー!」 チカは何度も叫んでみたが (まこと)はその声が誰の声か気がつかなかった。

 
(まこと)にいる筈のがまさかこんなところで働いているとは想像もできなかった。 やっと友達から「誰か呼んでるぜ」と言われて気が付き 恐る恐るはにかみながら、仕事をしているに近づいて行ったが すっかり白けた空気が漂っていた。これは二人の辿る「理解し合えない未来の姿」を暗示していた。

 チカ土方の仕事をしながら 農業を辞めることを次第に決意していくようになっていった。 それは 今まで一年間 田植え草取りなどで苦労して稲作をして来たが (やっと収穫した米の合計金額が 土方の仕事をたった三か月間すれば 簡単に稼げる)と判ったのがきっかけだった。 は 稲作という仕事が苦労の割には 実入りが少ないことを実感したのだった。

 
チカ(もう田んぼを人に売って 稲作を辞めた方が良いのではないか・・)と真剣に思い始めていた。 ある日 ゼンにそれとなく相談を持ちかけた。だがゼンチカの話を最後まで聞かず 突然激しく怒り出した。「とんでもなか! 何言いよるとなー!。おれたちが買った田んぼば売ってしまうとか!」 チカを激しく叱りつけると 「プイッ」と怒ったまま立ち去った。

 全く取りつく島が無かった。それからというもの
の間には 大きな見えない壁が立ちはだかるかのように冷戦状態が続いていった。
 二人は田んぼに行っても 意見の食い違いを残したまま お互いに心の通じない沈黙の時を過ごすようになっていった。

 七月のある日 二人は青々と茂った田んぼの中に入って草取りをしていた。 (まこと)は学校が終わると山に登って来た。頂上まで来ると 少し離れて黙々と草取りをする二人の姿を見つけた。 (まこと)はあぜ道をそろそろと近づきながらも 何となく寂しげな二人の様子をしばらく見ていた。そして 何を思ったのか「ねえ何で草取ってるの?」とバカな質問した。

 二人は
「あ!」と一瞬振り返って(まこと)を見たが 少し微笑みを浮かべると「んー・・・」と生返事したきりすぐ又作業を続けるのだった。「ねえ 何で?」 「・・・」 チカは答えるのが面倒くさそうだった。
 
(まこと)はいつも素朴すぎる質問をしてくるので 仲々答えにくいものが多かった。そのせいかも一瞬、言葉に詰まり (まこと)の期待に沿う納得できる説明が出来なかった。

 しばしば
(まこと)の予想する正反対の返事をすることがあった。 家でも(まこと)であるチカの過去の事を色々と質問して来たが チカ(幼い(まこと)に 昔の田口家のことを話しても まだ理解できないだろう・・・)と思い、 いい加減な返事をしてお茶を濁すことが多かった。 (まこと)はいつも二面性を含んだの答えを聞くと 頭の中が混乱してしまうのだった。

 
(まこと)は 自分が聞いたことに対して ちゃんと答えてくれる時が来るまでは 忍耐して待たなければならない様な漠然とした思いを抱いた。それからは 次第にには質問することが少なくなっていった。その分 ゼンの方にいろんなことを何でも質問をするようになった。
 
 
(まこと)は時が来るまで 田口家の辿って来た過去について知ることは一切許されてなかった。 チカもまた の確執の中で ゼンの方にベッタリとついて(お婆ちゃんっ子)になってしまった(まこと)には うかつに何でも話せなかった。(せっかちなお婆ちゃんに余計な誤解でもされたら困る・・・)という意識が働いた。いつの間にかチカ(まこと)の質問に対して嘘と真実を織りまぜて聞かせるようになってしまっていた。

 このことは やがて
(まこと)が辿るべき使命に対しての訓練を 自身が先駆けて与える結果となっていく。それでも(まこと)は 時々思い出したように語ってくれるの昔の話を 聞き流さずに密かに心に留めた。の人生の中には 自分がまだ知ってはならない 何かが隠されている・・・)(何か深い意味があるのだろうか?)(まこと)は与えられる情報の中で の青春時代を思い描いていた。限られた材料の範囲で 頭に思い浮かぶ精一杯のイメージを膨らませながら組み立てていた。

 その頃 ちょうど「ミカンの大ブーム」が来ていた。ある日 ミカンを大量に作っていこうと考えていた人が今井家に現われた。「お宅の山は ミカン畑にちょうどいいから ぜひお宅の山を高く買いたい。良ければ売ってくれませんか?」と頼んで来た。

 
はかねてから( きっかけがあれば田んぼをやめたい)と思っていた。「婆ちゃん 良い機会だから 山を手放しましょうか?」 チカゼンに提案した。だがゼンは嫌がり「田んぼ辞めて あとはどうするとな!山を手放すのは絶対いかん!」と強く反対した。

 だが
チカの心はもう決まっていた。(この機会を逃したらもう二度とチャンスはないだろう・・・)と予感していた「一年間の米代ぐらい 私が土方の仕事をしてでも ちゃんと稼いで来ます。うちはもう農業などしませんよ。それでもどうしても続けたかったら 婆ちゃん一人でしたら良かでしょう!。婆ちゃん一人で山の仕事が出来ますな?」 チカはきっぱりと言った。

 普段 おとなしい嫁の
チカが 一旦決意をした時には 毅然と自分の信念をとことん主張した。ゼンも譲らず「何で今更 山を手放さんといかんとかー!」 ゼンはさんざん怒ってその場を去った。二人は意見が衝突したまま しばらく日にちが過ぎた。

 だが ゼンは畑仕事しながら冷静に考えてみた。(果たして自分一人になって 稲作が出来るだろうか?・・・) 紀生は蒸発してしまうし (まこと)はまだ力仕事の出来ない小さな身体であった。この上に チカまでが「もう農業は辞めたい!」と言い出した。(力仕事をする人がもう誰もいないのだ…)

 
ゼンは 何故か上の子には厳しく 下の子には甘かった。 障害を持つ末っ子の小さい(まこと)が不憫で どうしてもきつい仕事だけはさせたくなかった。 (正喜も 紀生も (まこと) チカも みんなあてにならんのか・・・) ゼンはほとほと頭を抱えて考え込んでしまった。
 家族のみんなが稲作の仕事にすっかり疲れている事をゼンは痛感していた。
チカにまで見放されてしまうと もうとても一人だけで稲作をやる自信は無かった。

 
ゼンは 色々と考えあぐねた末 ある日 遂に山を手放す決心をした。チカさん あんたの言うごと山を売ろうかなー・・・もう良かたい。あんたの良かごとしたらいいたい!」 静かなるチカの抵抗と決意は 遂にかたくななゼンの心を変えてしまった。 こうして を作っていた今井家の棚田は売られ いつしかこの一帯は黄金色に光るミカン畑に変わっていった。

 
ゼンは 山を売ってしまってから急に手持ち無沙汰になり 何もやることを無くして しばらくチカを恨んでいた。だがその後 ミカンの大豊作でブームが去った時 あとから振り返ると 一番いい高値の時に山を手放した事が人の口伝えで判って来た。ゼンは 文句ばっかり言っていた自分を反省し 時を見る目を持つチカを見直し 次第に感謝し敬服するようになっていった。

 幼かった(まこと)はこの時 既にその目で「神秘的な稲作」の様子を一部始終見届けながら 不思議な思いで考えていた。そして自分の将来解明すべき謎の一つとして 日本の稲作が意味するものが何であるのか? (いつか絶対 この謎を解いて見せる・・・)とその自分の果たす課題をしっかりと心に刻み込んでいた。 もはやこれ以上 今井家が辛い稲作を続ける意味は既に無くなっていたのである。

      新聞配達 

 チカは 山で受けるべき試練と戦いを通過し終わる頃になると 不思議と(稲作の仕事から解放されたい・・・)という思いが急にわきあがって来たのだった。 このころ 現実に田んぼを売ることが決まっていくまでの間に 静かに家の廻りでも何かが動き出していた。

 それは
チカの使命が「山の戦い」から「家の戦い」に移行して行く過渡期に起こった出来ごとであった。(時間は少しさかのぼる)
 子供たちも山の仕事を手伝わされるのが嫌で 何とかして逃れたいと思っていた。 中学生だった長男紀生は 学校から帰って来ると 何冊かの本を持ってそのまますぐ山に向かった。紀生は山で働く
を少しでも支えようと手伝いに行った。

 そんな紀生の姿を 長女
信子は一人で申し訳なさそうに見送った。信子は 家に残って家の中の掃除や洗濯をして家事の手伝いをしていたが それでも何だか負債を感じて仕方がなかった。(田んぼの手伝いから正当な理由をもって逃れるために 何かいい方法はないだろうか?) 信子はしばらく考えていた。

 そんなある日 突然 新聞配達のアルバイトを始めることを思いついた。 信子は その仕事が やがて今井家が果たすべき使命に重大な関わりを持つことになるとは 思いもせずにしばらく楽しそうに新聞を配っていた。 だが信子は中学生になると 「うち 勉強する時間がないから やっぱりもう辞めたい」と突然言い出した。

 そこで今度は
次女勝江末っ子の(まこと)が その後を手分けして引き継いでやることになった。信子は物覚えの悪い(まこと)のために 配る新聞の名前の頭文字を家の入口や塀に書いてあげることにした。 白いチョークで玄関の隅に小さく書いて教えながら配っていった。

 こうして
が始めた新聞配達の仕事は 弟の二人が後を引き継いだ。その日から忠霊塔の丘の下に立ち並ぶ漁師や農家の家並みを毎日のように 歩き廻り始めた。

 もともと 勝江(まこと)たちは 山の仕事から逃れる理由など無く お小遣いを稼ぐために始めたので アルバイト料を貰うとすぐに好きな玩具やお菓子などを買っては ほとんど全部使ってしまっていた。

 
(まこと)プラモデルを作るのが何より好きで 斜め前の駄菓子屋の店に行っては ガラスケースの上に積んであるたくさんの大型模型の箱を見つめていた。 勝江の方も 好きなだけお菓子や気に入った人形などを買って遊んでいた。

 チカはそんな(まこと)たちの様子を心配そうに見ていた。ある日 チカは郵便局に行って二冊貯金通帳を作って来た。 「ほら あんたたち 無駄使いしないで ちゃんとこれに貯金しなさい」 チカは二人に通帳と印鑑を渡した。

 それからというもの 信たちは わずかな小遣い銭を残して ほとんどの金額を毎月貯金するようになった。 小遣いが少なくなったので 買いたい模型も買えなくなった。 欲しい物が二つ以上あると その前で
(どっちにしようか・・・)と ふところと相談しながらいつまでも迷って決められなかった。

そんな信を横目に 店のおばさんは あきれて
「あんた 新聞配達してお小遣いたくさん持っている筈やろうがー こっちの高い方の模型を買わんね!」と叱るように勧めるのだった。 (まこと)おばさんに言われて悲しそうな顔をした。それでも申し訳なさそうに小さな模型を選ぶ始末だった。

 模型を買って来てもすぐには作らずに まず図面を広げてゆっくりと読みながらで組み立て方を頭の中で予習した。 そして いったん作り出すと食事も忘れて夢中で一気に作ってしまうのだった。

 勝江(まこと)の二人は しばらく毎日手分けして配っていた。だが今度は 勝江も途中で飽きてしまい 「私も 勉強が出来ないからもう辞める」と言い出した。 (まこと)は 一人だけとり残されるような寂しい思いになったが (たとえ一人になっても この仕事は辞めずに続けなければならない)という気がしていた。 何故か自分だけは続けなければならないような思いが漠然と湧いて来て どうしても辞めなられなかった。

 その後
(まこと)は高校に入る直前までの六年間 休まずに続けていくことになる。 (まこと)にとって 新聞配達の仕事は 自分だけに与えられた特権のように思えていた。新聞配達さえしていれば 勉強も家の手伝いも あまりしなくても誰にも怒られなかった。 それに 内気でよそに遊びに行けなかった(まこと)が 新聞さえ手に持っていれば 他人の家に勝手にどんどん平気で入って行けるのが 痛快で気持ち良かった。

 しかし 苦手なこともいくつかあった。それは(まこと)の心によぎる妄想かも知れなかったが・・・。夕刊はまだ明るいうちに配れるので怖くは無かったが たまに遅くなると うす暗い納骨堂の前の道を通る時に 何か薄気味の悪い霊気を感じることだった。

 やがて
(まこと)は朝刊も配るようになった。 毎朝六時になると が階段の下から声をかけて起こしてくれた。まだ真っ暗なうちから起き出して すぐ販売店に行き闇夜の道を手探りしながら配って行った。目を凝らすようにしながら家の戸の隙間に新聞を入れていく。
 途中 納骨堂の前の道を通って 海沿いに建ち並ぶ3軒の家に配ると 行き止まりになり 又さっき通って来た納骨堂の前の道に戻って来なければならなかった。

 その道を通り過ぎる時 何者かがついて来るようなイメージがいつも頭によぎるのだった。不気味な霊気に触れた時 ブルブルと寒気を感じた途端
(まこと)は一目散に走って通り過ぎた。 その後 何軒か配って行ったが 見えない何かが一緒について来る気がして気持ちが悪かった。 そんな気味の悪い思いが湧くのを振り切るようにして急いで配った。

 しばらく配っていると 戦死した遺影が飾ってある家の戸から明かりが洩れていた。農家の朝は早かった。戸を開けて新聞を投げ込んだ。その時 遺影が見えたが その兵士の目
(まこと)を静かに見つめているような気配を感じた。すぐ戸を締めて振り返ったその瞬間(まこと) の背後にすがりつくように ついて来ようとするイメージが浮かんだ。(まこと)はそんな恐ろしい妄想を必死に振り切るようにして 次の家に向かって走っていった。

 (まこと)が新聞を配る部落は 海ぎわに沿った道に家が左右に立ち並ぶ細長い集落だった。 その道と同じの幅の川が左に沿うように流れていた。そのために左側の家は各家ごとに小さな橋が掛かっていて (まこと)は欄干もない橋から踏み外さないように 暗闇の中にわずかの月明かりを頼りに 目を凝らしながら橋をまさぐりながら 注意しながら渡って配っていった。

 広い舗装された国道に交わる所までが
(まこと)の配達エリアであった。ここまで来ると折り返して 今度は広い国道側の道を通って引き返していく。 国道沿い側の道は家が少ないので 忠霊塔の見える丘に向かって 凄い早さで戻って行けた。

 (まこと)はいつの間にか毎日 忠霊塔の見下ろす 納骨堂英霊のいる家並みを通り 不思議な語りかけを繰り返しながら配っていた。それは (まこと)がやがて辿るべき道の 雛型の道を 先駆けて立てていく不思議な条件を造りながら歩き廻っていたのだった。

 やがて(まこと)は 通帳と印鑑をに渡して 毎月決められた金額をに預けて貯金して貰うようになった。 そのうち(まこと)は いつしか いくら貯まったのかも判らないままになった。 だが (まこと)にはお金などどうでも良かった。がもし お金に困ることがあるのなら いつでも自分のお金をぜひ使ってほしい・・・)と思い 別に執着しなかった。

 (まこと)はある日 忠霊塔の傍に生い茂っている竹林の中に入って遊んでいるうちに その中の一本の美しい立派な竹を見つけた。見ているうちに 自分だけしか知らない秘密の貯金箱にしようと閃いた。

 小さなノコギリを持って戻って来ると 硬貨の入る小さな切り込みを入れて そこにいくつかのお金を入れた。その後 時々来ては少しづつお金を入れていくようになった。ところがいくらか溜った頃 何ヶ月かして行ってみると その竹は切られて誰かが持ち去ってしまっていた。 
(まこと)ガッカリしたがすぐあきらめて忘れてしまった。

 (まこと)六年間 一日も休まずに忠霊塔を廻りながら 新聞を配り続けたことには 実は深い意味が隠されていた。
 朝刊を配る時間になると 必ず
(まこと)を起こしにやって来た。眠たくて行きたくない時もあった。ウトウトしてると階段の下から何度も呼んで 絶対に寝過ごすことを許さなかった。

 毎日 暗闇から起き出しては 霊気に包まれた忠霊塔に見下ろされるように歩いて配っていた。だんだんと忠霊塔から次第に遠ざかっていき 遠巻きに廻り終え かすかな朝日を浴びる前に折り返し 一気にまた忠霊塔に向かって戻っていった。全て配り終えて 家に着く時は忠霊塔の上から差す朝日をさんさんと全身に浴びた。この不思議な一連の動作を毎日毎日 6年間繰り返していた。

 これは (まこと)も気がつかないで立てて来た条件だった。やがて将来 始めに現われる朝日を全身に浴びてしまう直前で 背を向けて引き返すことの出来る条件は 竹を象徴するチカの手に 一旦 全て預けられるようになる。これは (まこと)が幼い頃から象徴的に立てて来た条件を 大きくなってから 同時性をもって実体的に乗り越えて行く時に活用される。

 悪魔の巣窟から脱け出す条件として 先に立てさせるべき大きな条件となっていく。
(まこと)の行くべき道に チカも深く関わりながら その負うべき苦しみを(まこと)と共に導いていくことにもなるのだが・・・。 このことは いずれ時が来て (まこと)が待ち受ける地獄の道から抜け出し 逃れようとする時がやって来る。その時 にすがって尋ねて来た息子に チカが救いの手を差し伸べても讒訴されないで許される「最大の条件」となっていくのである。      (詳しい解説はCの求道編で述べたい。)

       記念樹

 今井家の裏庭には 幾つかの「実のなる木」があった。
田んぼを売ることが決まって 山小屋のすぐ上に生えていた
グミの木は 土ごと掘って家の狭い裏庭に持って来て植えられていた。(まこと)はそのグミの実を見る度に 山の思い出がよみがえって来るのだった。 幼い頃 日曜日に山に登っていたが 山小屋のすぐ上に赤い実を見つけると 疲れも知らずに勢いよく走って行き 大粒の赤黒いグミの実をたくさん頬張って 気が済むまで腹一杯食べて喉を潤していた・・・。

 山に生えていたびわの木は井戸の傍に植えた。だがこのびわは 種ばかり大きくて実の部分が少ししかなかった。 この木は兄の紀生の生きていた時代まで生きていたが 兄の死と共に枯れてしまう。
中央には 長女の
信子の記念樹の「桃の木」があり 毎年「大つぶの実」をならした。

 だが ある年に ゼンがもぎって食べようとしたが なっている実のほとんど全部が「腐乱病」にかかってしまっていた。切っても切っても 種の周りの部分が虫食いで腐っていた。
「こりゃあ どうしたことじゃろうか?」 ゼンはとても残念がった。 「せめて周りの部分だけでも食えないだろうか?」と包丁で切ってみたが どうにも食べられたものではなかった。

 その話を聞くと
チカは薬局に行って害虫よけの農薬を買って来た。それから毎日 消毒剤を吹き付け「桃の木」を大事に手入れするようになった。そのおかげで 翌年からは立派な実をならすようになった。(まこと)は再び立派に実るようになった桃の実の一つをもぎ取り 思い切りかぶりついて食べた。一個食べるとたちまちお腹が膨れて 腹一杯になった。その桃の木根元には 小さなモグラが顔を少し出して おいしそうに食べる(まこと)の様子を見ていた。 このモグラはやがて大きくなり花壇の土と根を荒らしていくのだった。
 
 次女の勝江の記念樹は「金柑」で 黄色い小さな実を毎年たくさんならした。この小さな実を 父の
正喜(まこと)も 時々酢っぱい顔をしながら皮ごと食べていた。

 末っ子の(まこと)の記念樹は「柿と梅」であった。(まこと)は貰って来た二つの苗を自らの手で穴を掘って植えた。「柿」は裏の家の境に植えようとしたが瓦礫がたくさん出て来て あまり深く掘れずに浅く植えてしまった。そのせいか誰かに踏みつけられたのか 引き抜かれてしまったのか いつの間にかその苗は消えた。

 だが 花壇の中に植えた「梅の木」の方は 土が柔らかくて深く植えることが出来た。やがてしっかりと根を張り 桃の木の傍で毎年小さな花を咲かせるようになった。  
(やがて 光の道を明らかにする使命が来る時 その時の兆しを告げるように 無数の大粒の実をたくさんならす時が来る。)

 
(まこと)は 中学を卒業する間際まで 新聞配達をしながら忠霊塔を休まずに廻り続けた。その条件が満ちた時 梅の苗木を卒業記念に貰って 裏庭に植えることになった。 その「梅の苗木」が植えられた時 あたかもその苗を狙うかのように 今井家に最も大きな艱難が襲って来ることになるのである。 その梅の木は (まこと)の立てて来た条件を集約した物であった。そしてその梅は (まこと)の使命を象徴していた。

      先駆ける姉

 長女の信子は 不思議な性格であった。勉強はあまり出来なかったが 毎日誰よりも朝早く学校に行き 一日も休まずに通い続け「皆勤賞」を貰った。 中学校を卒業する頃になると 担任の先生に「うちは進学しないでお手伝いさんの仕事をしたい」と言い出した。

 その話を聞いた お寺の和尚さんは
「ほー 変わった面白い子だ」と興味を持った。しばらくすると 博多にある「東照寺」というお寺のお手伝いさんの仕事を紹介してくれた。 信子はそのお寺に住み込みの女中として働くことに決まった。

 昔、女中奉公の大変さを体験していた
チカは 就職前になっても のんびり構えている信子に 主人に仕える女中の立場と、最低必要な大切な心掛けとコツを教えていた。 信子は このお寺の人々に仕えながら 人間としての修養を積んで行った。

 小さい頃から男の子をいじめたり 男優りで口喧嘩ばかりしていた激しい性格の
が この寺で住み込み女中として働くうちに 周りの人にさりげなく行き届いた気配りのできる 思いやりのある優しい性格に次第に変わっていった。

 信子は いつも何かの閃きによって導かれるように不思議な行動を取ることが多かった。いつも常に (まこと)の前を先に歩いてきっかけを作り 真っ先に準備して行くのだった。

 新聞配達も 桃の木も 又お寺に奉公に行き 人間としての心の修行の道を選んで行ったことも すべて将来の
(まこと)の使命に重大に関わって行く出来事であった。 信子は やがて仏教界に光を伝えていく日が来るであろうことを 潜在能力で嗅ぎ取って自分の使命を悟り 我が道を進んでいった。 (詳細はCの求道編で述べたい。)

      第二の敵 狼

 糸島の片田舎の村にも 土地や金融取引の仲介をする悪名高いブローカーがいた。 チカの友達で鍛治屋長田という奥さんが近くに住んでいたが ある日、そこに寄ると 思いがけない話を聞く事になった。その人たちが戦前から使っていた共同井戸があったが 突然ブローカーが入って来て「今までどおり井戸の水を使うのだったら 家族ごとに毎月一人あたり千五百円のお金を出せ!」といって脅しをかけて来たという。

 家にまだ水道を引いてなかった長田の奥さんは 仕方なく払うことになってしまったが 実のところ井戸の所有者は
「五百円で良い」と言っていたのを 勝手に千円もの額を上乗せして仲介していたのだった。そのブローカーの名前をチカはしっかりと記憶していた。
 そして その悪どいやり方の一部始終を詳しくその人から聞いていた。

 ところがある時 今井家と裏隣の家と間で土地のトラブルが起きてしまった。

 
ゼンたちが饅頭屋で稼いで買った今井家の土地は 忠霊塔のすぐ真下にあった。大昔の古戦場だったのか 無縁仏の墓石が方々に残っていて それらに取り囲まれるように位置していた。この家は 最初から忌まわしい沢山の怨念因縁を持つ墓石の霊と また忌まわしい隣人たちに囲まれた 問題の多い場所だったのである。

 
ゼンが一人で家にいる時 そのブローカーが訪ねて来た。「お宅の隣の土地を買った 裏の家の人から頼まれて来た代理の者ですが お宅の裏の方の土地は 本来は隣の領域の土地です。お宅は今 よその領域の分を越えて使ってありますから すぐに立ち退いて下さいよ!」ブローカーはゼンを脅して来た。

 
突然の話にゼンは驚いてしまい 正喜チカが帰って来ると すぐにこの事を報告した。(どういうことやろか?)と自分の土地の事情については ゼンは何も聞かされてなかったので判らなかったのだ。
 
チカは そのゼンの話を聞いた時 すぐに あることを思い出した。

 それは 嫁いできて間もない頃の 遠い昔のことであった。今井家に嫁いできたばかりの
チカ舅の喜平がいきなり チカさん、 他んことは忘れて良かばってん こいだけは絶対に忘れなんなよ」と言い残した言葉だった。

 
それは意外な事であった。 はるか昔、 隣の家の土地と今井家の土地は 大きな一つの屋敷だったらしい・・・。だが世代が代わって いつしか本家分家とに別れていった。 今井家が買った家は その「分家」の人の領域だった。それがある時 本家の人が井戸を掘る時 良い水が出る場所が 分家の方との境界線のちょうど中央にあって 半分突き出して掘ってしまったらしい。

 その近くには
分家便所があって (衛生上にもどうも都合が悪い)ということで それで本家の人は (ここに井戸を掘る代わりに 裏の方の本家の土地を代わりに使って良いから そっちの方に便所を移して建てて使ってくれ・・・)と言って交換した」という過去のいきさつを チカは嫁入りして来たばかりの時に 喜平から わざわざ 「こいだけは忘れなんなよ」と念を押して言われていたことを思い出したのである。

 チカには 博多にいる十歳年上の「姉のシマ」がいた。すぐに(どうしたらいいか)相談してみた。伯母シマは土地に関して立ち退きなど先駆けて色んな苦労をしていたことを知っていた。 「それなら市役所のある人を知っているから その人に色々と詳しく相談したらいい!」シマチカにある人を紹介した。

 
チカはすぐさま その土地の法律に詳しい人の所に相談に訪ねて行って その対策を聞きに行った。詳しく事情を話すと その人は「そういういきさつなら何も心配いりませんよ!」と太鼓判を押してくれた。チカはすっかり自信を深めて帰って来た。

 だが
チカが帰って来ると 青ざめた顔をしたゼンチカを待ちかねたように話した。チカさん 今日も男の人が大勢やって来て 勝手に測量しに来なったばい。井戸の所から(梅の木)の所まで斜めに線引きして 『完全に隣の土地にかかってるから ここからすぐ立ち退け!』って言うて来たばい!。どげんするなー 裏の土地は全部取られてしまうばい」ゼンオロオロしながら不安そうに心配して言った。

 「婆ちゃん、 なーんにも心配せんで良かですよ。たとえ誰が来ても婆ちゃんは相手にせんで立ち会わんで良かですけんね」 チカは 今日相談して聞いて来たことを話して聞かせた。 「今度また来た時は 『うちは年寄りで何も判らんから 若い者がいる時に来て下さい!』って 無視して言い通したら良かですけんね!」チカは余裕を持ってゼンを諭した。 ゼンはそれでも 不安な思いが消えなかったが 不思議とチカの自信に満ちた様子を見た時 (ああ チカさんに任せれば大丈夫なんだ・・・)と次第に安心するようになった。

 その後も みんなが出かけた昼間の間に ブローカーの連中が測量人を何人も連れて来て 入れ代わり立ち代わりやって来ては 何も知らないゼンを表に連れ出そうとした。「婆ちゃん これから土地の測量しますから立ち会ってくんない!」言葉巧みに何度も脅かすようにしながら呼びに来た。だがゼンチカの言った言葉を思い出して「うちは年寄りで何んも判りまっせんけん」と 必死に突っぱねて相手にしなかった。それでもしつこく巻き込もうとやって来るので そのまま畑に行くふりをして ことごとく逃げ通して抵抗した。

 一方チカは 直接 裏の土地の 元々の持ち主の所に行って 先手を打とうとしていた。「もし お宅の土地を売られる時は あの裏の土地はうちが昔から使って来た土地ですし うちもどうしても必要な土地ですから よそに売られる時はうちが買いますから一言声をかけて言うて下さい。くれぐれもよろしくお願いしますよ」 チカが念を押して帰った後 残された地主「こりゃー大変な事になったばい・・・」とつぶやいた。

 
地主はすぐブローカに連絡した。「あんたが強引に事を決めて (後は任せとけ!)と言うたから仕方なくあんたに売ったけど 俺はもう知らんばい。俺はこの問題から一切手を引くばい!」
 ブローカたちも その話を聞くと 先手を打たれたことにショックを受け
「しまった! 俺としたことがあんな女に先手を打たれてしまうなんて・・・」とぼやいていた。

       母の知恵

 今井家の裏庭には小さな花壇があり そこにはグミ びわ 桃 梅の木など実のなる木が植えられていた。 この花壇に生える植物は 実のところ 今井家が死守すべき「聖地に生える家族と光の木」を象徴していた。 この土地の争いに負けると当然 山から移って来た木も 姉たちが植えた「桃の木や金柑」も また(まこと)が植えた「梅の苗木」の基台も全て無くなってしまう運命にあった。

 だが チカはこんな事件が起きるずっと前から 不思議な予感を感じて 先手を打って作っていた物があった。それは昔 裏庭に防波堤として作ったブロックの小屋であった。(このままだと 何か問題が起こったときには 簡単に裏の土地が奪われてしまう・・・)と潜在的に危険を感じていたのか なぜか直感で 精一杯の知恵を使って考えていたというより 理屈抜きに 裏庭に何か建物を作らねば心が落ち着かなかった。

 そしてある日
(そうだ 境界線いっぱいに ブロックの小屋を建てて 簡単に取られないようにすればいい・・・)と思いついた。 チカは 以前 勤めていた土木会社の人に頼んで ブロックの小屋を建てる基礎を造って貰うことにした。 しばらくすると チカの働いていた土木工事会社の人夫達が来て 基礎工事を始めた。やがて 基礎の穴の中に砂利が敷かれ 鉄筋を通したブロックが高く積まれていった。

 そして屋根を大工さんに造って貰い 最後に瓦を葺いて ついに
「神輿」の様な形の小屋は出来上がった。 (まこと)は まだ小さい頃 こののした不思議な一連の様子を一部始終見ていた。

      帰って来た兄 

 そして 丁度その頃 たまたま 紀生が東京から帰って来たのである。
(まこと)が 何気なく二階の窓からぼんやりと外を見てると ちょうど紀生がバックを片手に抱えて 帰って来た姿がチラリと見えた。(まこと)は 喜んですぐ下に降りて 兄が帰って来たことをゼンに知らせると 玄関の所で待っていたが なかなか兄は現われなかった。

 
「あれっ おかしいなー・・」だが (まこと)は 玄関に出ようとはせず 玄関の戸がいつ開くのかじっと待っていた。(この時 信は紀生が家に入りにくい事情を抱えていたことを知らなかった)はついにしびれを切らして外に出て捜しにいくと 隣の家に生えている松の木の下で 迷っているような紀生が立っていた。「あ 兄ちゃん」「おお信か 婆ちゃんは今 家にいるのか?」「うん いるよ。何で家に入らないの?」 それを聞くと 紀生は 戸惑いを隠しながら観念して家に入って行った。

 ちょうど小屋が出来た時に 紀生が東京から帰って来たのだった。2,3日たった。チカ「紀生! 丁度良かった。あんた小屋の中に棚を作ってくれんね?」と頼んだ。
 
紀生は 早速 材木屋に行って リヤカーにたくさんの板を積んで来て 色々と考えながら ガッチリとした三段の棚を作っていった。(まこと)はその傍で 兄の手伝いをしながら 棚が出来上がるのを見ていたが 自分の寝床を兄が作ってくれているような思いになっていた。(あー いいなー 僕の寝床だー 早く寝てみたい・・・)と思って見ていた。

 まだ入り口の戸も窓も無く 外の冷たい風が吹き込んでいて 寝るには寒そうだった。 
(まこと)(兄が早く風を遮る戸を作ってくれたら 真っ先に布団を持って来て寝よう・・・)と待ち構えていた。 だが兄の紀生は棚を作っただけで 入口の戸を作らないまま 翌日にはもう家にはいなかった。 父に何かひどく叱られて 急に又東京に戻ってしまっていた。
 不思議にも
紀生はこの土地争いに何等かの形で 関わるために帰って来たように思えた。

       くろんぼ

 小屋の中には 紀生の作った三段の棚が完成してはいたが あたかも(誰か入ってください)と言わんばかりに 窓も戸も無く外気にさらされ 冷たい風が吹き込んでいた。

 
(兄ちゃんは何故 急にいなくなってしまったのだろう・・・)(まこと)は未完成の小屋を残念そうに見ていた。 (なーんだ もうちょっと居てくれたら完成したのに・・・) (まこと)は その小屋を自分の部屋にしたくてたまらなかったのだ。

 しばらく何日が過ぎて 裏の方に誰かの人影がするのでが窓から覗くと くろんぼの一人が小屋の中を覗き込むようにして 通り過ぎていった。 くろんぼが何を考えているのか 同じ子供同士の気持ちで何となく判った。その時 胸騒ぎのような不吉なものが胸の中によぎった。
 仕事から帰って来た
ちゃん 小屋の戸を早く作った方がいいよ」と伝えた。「ん 何でね?」(まこと)は聞かれて その理由を言おうとしたが 自分の単なる不吉な直感に過ぎないので それ以上うまく説明できなかった。「とにかく 早く戸を作った方がいいよ」ただ それだけを繰り返して伝えた。 (ちゃんと理由を言った方がいいのに…)チラッと頭をかすめた。 何故か大切なことを言い忘れたような 不安な思いになったが それ以上理由を言わないままやり過ごしてしまった。 ところが不吉な事件は 間髪入れず 次の朝に起きてしまった。

 チカは 夜中に何か怪しげな黒い人影が家に侵入する 後味の悪い嫌な夢を見ていた。 朝早く起きて 食事の支度をしていると 裏の方に何か異様な人の気配がするのを感じた。怖る怖る そーと小屋に行ってみると 棚の上に見知らぬ異様なものが いくつか横たわっているのに気がついた。よく見ると 「くろんぼたち」が棚を寝床代わりに寝ているのだった。「こら! あんたたち!何処で寝とるとね!」 チカは大声を出して怒鳴った。子供たちは寝込みを襲われ びっくりしてバタバタと退散して逃げて行った。

 彼らは 近くのあばら家に住む 三人兄弟の子供たちだった。極貧の家で 何日も風呂に入らず しらみのたかったような頭をしていた。着たきりの薄汚れた洋服で 真っ黒く汚れていたので 近所の人たちは 彼らを
「くろんぼ! くろんぼ!」と呼んでいた。
 は くろんぼたちが寝ていたという話しを
から聞くと 気持ち悪くなって もう(そこに寝てみよう・・・)という気持ちがすっかり無くなってしまった。

 
チカは そういうことがあってから すぐに入口に丈夫な戸を造って 鍵を付けて彼らが二度と入れないようにした。 そして 今まで床下に置いてあった「饅頭を造る道具」や土間に有った「ひな壇の様な階段のタンス」は 小屋の中にきれいに収められた。(まこと)がした一連の出来事を 一部始終見ていたが これが一体どんな意味を持つのか まだこの頃は全然気が付かなかった。


U 第3部 チカ激闘時代(前編)おわり

 

つづく

長編 」 U 

    第3部(チカ激闘時代)
 
おわり

につづく
 

 

を 最後まで読んで頂きありがとうございます

シリーズ全巻をお読みになりたい方はこちらをクリックして下さい

  


 動物の地形にただよう英霊(犬)を背負った少年の体験した不思議な物語 

支 援         投 票