損害謀略立証のHPが不正アクセスで削除・改ざん等ネット妨害
受け 講座が機能停止 に至った事態を深くお詫び申し上げます。


大切と感じたら
 投票  説明 

市民サイト>
学問 ・ 研究

体験

予告

戻る

三匹の たぬきが 「肩たたき」をしたら ごほうびに 何をもらったでしょう。 かき

 歴 史 の 解 明 

日本人が世界歴史を学ぶべき意味は何であろうか?


アメリカ主導の混迷する
世界情勢の限界の中で

日本が果せる役割とは
一体何であろうか?

世界秩序を乱していく元凶
歴史の背後につきまとう
ある民族の影響があります。

その民族を反面教師として
反省・教訓とすれば
全ての問題は
解決していきます。

 

その民族とはユダヤ
「イスラエル民族」です。

このイスラエル・・・
日本との直感的対比は

国旗の象徴
太陽という決定的な相違

を司る相反する
2つの国の
歴史比較

明暗を分ける文化と
習慣の類似点と
特異性

両民族の決定的な相異点が
光の性格です。

暖かい日差しと
闇を照らす星の光の違い。

「太陽の国 と 星の民族
の歴史的行動が

世界に与えてきた影響
が何であったのかを

遡って検証していけば
その答えが出てくる。

 


★星の国

●夜の国

 

 

ユダヤ民族の歴史

日本の宗教観

太陽の国

真昼の国



 何故 イスラエル
日本と正反対なのか?

 その理由は、
これらの国がそれぞれ
昼と夜の
 
明… 
「神国の臣民」
という
太陽民族と…

 暗… 
 「悪魔の選民」
という
星クズ民族

という全く正反対の役割
と立場を与えられて

 各々 別々の宿命の道
を辿ってきたからで


歴史的に この2つの民族は
戦争 平和
 侵略 和合
滅亡 共存 流転 定着

という相反する「正反対」の
方法で国造りをしつつ
歴史を辿ってきました。

 では一体その

分ける決定的理由は
何なのでしょうか?。

 ユダヤ日本
辿ってきたそれぞれの
歴史の特徴を簡単に比較して
検証してみましょう。



神道の基礎知識

三種の神器

通   読

旧約聖書

旧約の概観

デナの事件

神の選民

逃亡祭司

タルムード

疑   問

詩   篇

列王記

キリスト教と

仏教の接点

礼拝の説教

三種の神器

 奉納場所



まず

 イスラエルの歴史 概 略

予告

 

 聖書中の「主」神」
と取り間違えた
歪んだ歴史観
を解明します。

 この「体験講座」では イスラエルの歴史の歪みを見抜く 聖書の正しい捉え方の重要なポイントを述べます。

 この解説文の中で
「主」という文字の出てくる箇所を色分けしています。

 私は
茶色真実の主(神の側) 黒色が偽者の主(悪魔の側)だと考えています。

 この仮説が当たっているかどうか? 皆さんも頭の中で
二つの主とサタンとに切り替えながら分けて読んでみて 「正しい主」を見抜いて下さい。 

 ユダヤに注意※ この内容は大変危険です。


 旧約聖書の創世記
を注意深く見ると

 1章では  は…〜を創造した。…とある。 

 2章から なるは…〜られた。…とあり、 

 3章からは は…〜 は…〜 となり

 微妙に神の呼び方が
変わってきている。

 ここに何か主体に対する捉え方の混同があり 聖書中に現れる「主」を如何に捉えるかが、
謎を解いていくカギのようです。

 

ここで、
「聖書の捉え方」
全てを
の言葉として信じ
受け入れ
完璧な
「真理の書」
過大評価してはならない
・・・という事です。


ただ文字通り読むだけでは

正しく理解することは出来ない
事が判ります。

バイブルの中にがあり
扱い方次第では

信じた時点で み言を
神の絶対命令と受け入れ

悪魔の手先となる
危険性のある書物です。

(もし正しく解釈できれば)
の条件付きで

聖書は真理を探す為
の手がかりの暗示が

秘められた取扱注意本
と捉えた方が無難です。


常に距離を置いて
聖書の検証をしましょう。

旧約聖書の記述には
登場人物の物語がある。

まず中心人物達がどんな
存在か調べましょう。

メソポタミアを追われた
アブラハムは

今のパレスチナ カナン
に移住した。

 




彼らを

ヘブライ人
(びと)と呼んだ

イスラエルという名の由来は

アブラハムの孫の
ヤコブ

天子と格闘し勝利したことで

イスラ(戦う)エル(神)と改名。

 

歴史的紛争・悪の元凶となる

「戦(いくさ)の神」
がここに登場する。
・・・その意味するところは

「神の名によって奪う者」である。



そもそも

ユダヤの先祖は
セムなどではなく

「呪われたカナン」
の子孫である

イスラエルの神
儀式殺人の神

アダムの息子
(カインとアベル)に

供え物をさせる神
は肉が大好きで

初子の動物を殺して
を喜ぶ

焼肉の好きな神
どう猛な性格

神の性格としては
実に奇妙なこと

まるで獲物を襲って
肉を喰らう獣神

アブラハムに対し
生け贄を求めて

鳩羊牛のツガイ
を殺し捧げよ!」

「最愛の子イサク
生け贄にせよ

と従順な人間に
残酷な命令をする

「殺せ!主の命令
を優先させよ!」

「非情になれ!」と
恐喝的に強いる

愛情より 主の命令
血の生け贄

献祭・割礼を実践せよ!
人命軽視
冷徹非情な
鬼人になる訓練をする

歪んだ信仰の祖
一代目
アブラハム

生け贄にされかかった
二代目
イサク

恩讐仇敵の三代目
のエソウ
ヤコブ

弟ヤコブは長子エソウ
の特権を奪い

偽装して父を騙し
祝福を奪い取る

(略奪人間の個人的勝利)
 

兄エソウに憎まれ
殺されそうになるが

母の協助でハラン
の地に逃れる。

(略奪人間の個人的移動)
 
 

ハランで伯父ラバン
の所有物横取り。

悪知恵で家畜や財産
を増やすヤコブ。

伯父ラバンの神の像
盗み奪い去る。

(略奪家族の家庭的勝利)
 

21年ぶりに帰郷して
兄エソウと和解

(略奪家族の家庭的移動)
 


その後

ヨゼフ…モーゼ
・ヨシュア…サウル・

ダビデ・ソロモンと
略奪歴史がつづく



ヤコブの最愛の子
であったヨゼフは

夢占いの能力を
評価されたことから

高官に登用され
エジプト大臣になる


飢饉の折に 父ヤコブ
の家族は再会して

一族たちは
エジプトに移住する

( 略奪氏族の氏族的移動 )
 

ヤコブ12子息が
イスラエル12部族へ

と次第に人口が
増えて拡大していく。

( 略奪氏族の氏族的勝利 )
 

やがて世代が変ると
エジプトとの軋轢

が起きて苦役の
奴隷民族になっていく。

大国への隷属は
寄生する悪知恵を育む

大国から文化を学ぶ
という側面の裏側に

国家転覆の陰謀計画
・スパイ・偵察能力

の悪魔的破壊思想
の温床の体質となる

訓練の結果が善悪の
明暗を分けていく。
 



 
紀元前1250年頃、

モーゼに率られて
エジプトを脱出。

長き奴隷生活から
ようやく開放される。
 

 
解放者の
モーゼ
は主の命令によって

「バアル・ゼポン」
という所で宿営した。

ここで 海の水を
分けて渡る奇蹟は

実はバアル神
加護によるものだが

水を操る奇跡の「
が入れ替っている。

これは歴史を ある方向に
導く意図があって

起こる 避けられない
仕組の可能性。

聖書の記述に
主の声の取り違いがあり、

バアル神の力によって
紅海を分けた奇跡

ヤハウェイ神の力
によると混同されている。
 


見直すべき箇所の
第一のポイント。

ヤハウェイの神
この後もしばしば

民の前に現れては
バアル神を敵視

し なぜか激しく忌み嫌う
 愛の欠如したかたくなな
排他的性格の存在。

モーゼの間に
何故か2つの

つきまといはじめ
惑わしの声が始まる。

のみを愛せ!」
と民に服従を強いる

度量が狭く 偏執狂の
異常な怒りの

これがもし神ではなく
人間ならば 距離を置いて
あまり関わりたくない
悪魔的性格

「私は あなたのである」
と名のって

アブラハム・イサク・ヤコブ
にも現れた。

の存在は
実は
創造の神とは別の

存在の可能性があります。
・・・これは、実は

サタン(悪魔)が化けた
悪神であり

ニセモノの神 破れ神
強奪癖の主人

・殺戮・虐殺・流血
ユダヤ悪魔神

とんでもない
と関わってしまいました。
 


結 論

従って である
「ユダヤ民族」も その

怪しい・・・神の命令
として受け取り従うなら

彼らは自動的に
殺戮・収奪の民族」となり

サタンの霊が国全体
を包み込み やがて

武力で世界支配を企む
危ない国となる。


世界征服野望に満ちた
侵略ユダヤ民族。

国を追われて
放浪の民に落とされても

武器商人となり
一国の政策を制するまでに

今や大国の
操る
となっています。

彼らは 大国の柱の内部
を食い荒らす
害虫

「世界平和」という家
を蝕む
シロアリである。

大国に寄生し崩壊に追い込む
憎き
癌細胞

パラサイトの寄生虫の集団
に変貌して

世界人類を流血戦争へと誘い
崩壊へ導く

最悪の災いを招く「悪魔民族」
となっていく。

つづく

つづきは 本講座  




神にも

色んな神がいる

   エホバの素性   

聖 書

生け贄

供え物

献 祭

の条件は

神様が
取り戻す

条件で
はなく

サタンが
奪うための


逆の条件
であった

旧 約

神の混同

サタンの神

聖書

捏造

混乱

一神教の神

対立する神

モーゼ

頭に角が生えている

シナイ山

青い蛇

ネボ山

モーセ

イスラエル史事実

40

神の殺人命令

パレスチナ

申命記

士師記

ギデオンの剣

エレミヤとヨシア

説教

教理問答書

メルキゼク

行義と信義

割礼

契約聖書

通読の友

聖書学

ユダヤ人と律法

古代ユダヤ教

ヒゼキヤ

自滅への道程

一神教は排他教

ええ加減にせい!

シオニズム

ユダヤの定義

神の子イエス

誕生にまつわる

言葉

ソロモンの野望

・議定書

ビートたけしと
宗教

日本とユダヤ
の接点

ぶどう園の主人
一言主時事討論

カゴメの意味

取囲み守る使命

エルサレム神殿

モーゼは
一神教

を主張する
ヤハウェイ
神に対して

何か
神とは違う

相容れない異質で偏狭

な心を
感じた。
 

聖書では
二つの

相反する
神が


いう言葉で
混同したまま

解釈されて
いるのです。
 

 
本講座で
見分けの
ポイントを
解説
 

預言者


「行け!」
という主と
 

 
邪魔をして
殺そう・・・と
する主は別の神の存在
 
二つの神が現れる。

息子のチッポラに割礼して難を逃れる。
 

預言書


カナン

パレスチナ

エジプト

バビロン

ローマ

これらの
国の文化

ユダヤの
侵入で
蹂躙されて

全て収奪
され盗み
取られて
いった。

実はユダヤ中心主義の

歪んだ
歴史観から

サタン側に
されて

しまった
可哀相な
存在だ。

イスラムの怨念


タルムード

ユダヤ教の聖典


自己中心の

身勝手な内容

ばかりで
あきれる


サタンの
性格を

垣間見れる内容

古代日本と

ヘブライ

一掃政策

 

HOME

お知らせ

つづく

イスラエルの正体は
 本講座

 

shkf   shokyuf

予 告

戻る

 



巨大な古代銅鏡の示す復元の意味を探る なぞとき工房 ◎ひらめき予告の講座…  

   歴史を学ぶ本当の意味は何?       

   聖書の中の歪んだ歴史観の解明講座


本 講 座Tの 特別内容 予告 危 険
 一 イザナギが契約の箱を持ってイスラエルを密かに抜け出した?
 二 メシアを迎えて世界人類を導くという神の選民は日本民族?
 三 メシアは万世一系の信仰条件を持つ日本皇室より出ずる?
 四 朝鮮・韓民族は選民の位置を先に奪って惑わす役割を持つ?
 五 ヨシュア型人物こそ恐るべき偽者のカナン復帰の粛清王?
 六 モーセの兄アロンは忌まわしい奇蹟で偽メシヤを演じてた?
 七 洗礼ヨハネはモーゼの兄アロンの惑わす役割を繰り返した?

お急ぎの方は 携帯メールへ → marnon-desu@i.softbank.jp

かき 「かたたたき」から 「た」 を三つ ぬく