つづき

FAQ  よくある質問・疑問についてお答えします


ここでは 正体不明の物体
(18 禁) を鮮明に しました
回答@ 当室の趣旨と絵の意味と構図についてお答えします

つづき


 ところで、筆と唇には折れたの刃が貫いて刺さって痛そうで すね。(何故…?)と不思議に思うかも知れませんが、実は剣を刺したことに深い意味があります。このは流血を招き、悦びの道具の宝物を台無しにしてしまいます。

 この
剣(つるぎ)が歴史を聖と穢れに分けることになります。の持つ二つの側面と意味を明らかにします。 このは実は動画の最初の1コマの静止画です。授業が進むにつれてやがて全体の流れが見えてきます。その流れの概略は、巧妙な言葉の力=剣の力に惑わされてもたらす悲劇を超えて。

 
流血暗闇からの脱出。割礼の血にまつわる贖罪儀式を実行する信奉者たちの呪縛からの解放。そして曇った人類の魂を目覚めさせ、自然な姿で生きるべき人類の明るい未来へのステップ(道のり)と方向性を示していきます。  

以下は省略 …  本講座詳しい解説をします

(日本文化の子宝・繁殖の神はバール崇拝か…本講座解説罪意識 割礼(苦痛) 流血(血統) 包皮 剣山四国 鶴と亀
無条件のまま読むと危険過ぎる内容。ここでは省略します。
「カゴメの歌」の予言が日本の四国の地で見事に成就する。

主のの契約を守る野蛮行為は人間として正しいのか?

 ものすごく痛そう…
割礼の激痛で暴れないよう背後から体を押さえつける人 これは…

 「お前の子孫を祝福する…」という得体の知れない契約を真に受けて、本来が人間の愛の悦びの為に、創造し備えて与えた筈の重要な役割をするであろう男性のペニスの包皮を切り取る蛮行儀式です。

 こんな
流血命令を与える主も、守り実行する者も問題有りです…その激痛との引き換えに約束された平和と祝福は一体何処に実現されたというのか…割礼民の心にもたらした成果は何であろうか?。

 成果よりも苦痛と残酷、不幸と害毒を与えている。この
割礼儀式を命じるが、実はイスラエル民族が神の声と取り間違えた悪魔のである可能性があることを本講座では検証します。悪魔と入替える思考法の勧め)

 このユダヤの割礼儀式が、やがてイエスの死後にキリスト教の洗礼儀式に発展し、今日においては、全人類を巧妙に惑わす偽メシヤ)の大いなる奇蹟(世界的罪の清算条件や贖罪儀式)へと変化して受け継がれて、さも大切な重要な儀式として伝わってきました。

 割礼によって包皮の大切な役割を見失ったユダヤ民族。それと全く同じ精神状態に置かれてきた洗礼クリスチャン。この流れにある信仰者達が数多く出現する現代。

 取り戻すべきものは、包皮の果たす役割が何であるのかを知り、惑わされてきたイスラム・ユダヤの過ちを繰り返さないで、与えられた
有りのままの姿を大切に思う心を取り戻すことが大切です。

 今、心の奥に、わずかに残った空間を広げながら、人間が正しく生きる為の心のあり方と、素朴で自然な美しい身体を受け入れる「寛容さと優しさ」の素直な捉え方を
ひらめく時です。

究極の最終解脱法で閃き(悟り)を得られるとされる性儀式、
「タントラ性交秘伝」を逆手に活用し洗脳を解くヒントも紹介。
 

HOME

絵のヒント

つづく

なぞの答・下
本講座申込

案内